無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6



なのにどうして自己紹介をしているのだろう









今偶然読んでいた本がたまたま今の状況と一致したからと言って






初めてあった人に自己紹介をするのは当たり前だけどあの流れは確かにおかしかったよな、






変な人と思われてないだろうか...




そんな考えとは裏腹に


you
中島健人さん、覚えました!私、高橋あなたって言います。
健人
高橋さん、話しかけてしまってすみません💦



高橋さんは丁寧に返してくれた
you
全然大丈夫です!私こそすみません
健人
いや、俺は話しかけてくれて嬉しかったです....
you
そんなっ////
照れながら頬を抑える高橋はめちゃくちゃ可愛くて、


健人
可愛いっ))
なんて言う率直な気持ちがでてしまった
you
...どうかしましたか?
健人
あっいえでもどうして話しかけてくれたんですか?
you
その本私の愛読書なんです!
健人
そう言うことなんですか!あの、俺も今の状況がそっくりだなって思って別に変な意味じゃなくて!
you
そんなに焦らなくても大丈夫ですよ(笑)
可愛い、...どうしよう可愛すぎる




この人の隣にいたいそう思ってしまったんだ、