無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

16
反射目を開けると白い天井



そして独特なツンとした匂いが飛び込んできた






nurse
高橋さん?
you
へっ?あっナースさんですか?
nurse
ふふっはい、体調大丈夫ですか?痛い所などございませんか?
you
はいっ大丈夫です。
nurse
では担当医からお話がありますので別室に移動をお願いします、
you
分かりました



ナースさんに連れられ向かった部屋にはいつもお世話になっている葉先生がいた。







いつもとは勝手が違い険しい表情をしている、





葉先生のこの表情は大抵検査の結果が最悪だった時だ






単刀直入に検査の結果病状が悪化している、、医者の推測にすぎないからきにし過ぎても良くないけれど...これから2年間悔いなく過ごして
you
悔いなく...?




なんでだろう覚悟は出来てたはずなのに




何故こんなにも痛くて、辛くて、怖いの?




どうして私なの?




夢見たお仕事を諦めて行動を制限されてずっと我慢してきたのに




今までの頑張りはなんだったの?






葉先生が頭を撫でてくれた暖かみにつられこぼれ落ちた感情が桜色のスカートを儚く濡らした