無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
本の表紙を開いた冒頭部分が彼のあたまに刻まれる





どうする?








次のページをめくろうとした彼の手が
止まった...




話しかける?でもなんて...





























「「...あのっ!!」」






その時まるで別々の空間のように2人の声が重なった









健人
あっすみません💦
you
いえこちらこそ...し、失礼します!((ペコッ
健人
...待って!🤝
you
えっ.....
健人
あ、手すみませんその握ってしまって...
you
大丈夫...です。
健人
俺、健康な人って書いて中島健人って言います!



まさか自己紹介からいくなんて...








中島 健人 なかじま けんと




その名前はやけにしっくりとインプットされていった