無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

7,077
2020/12/21

第27話

あなたside
案の定呪力を投げつけた後意識を失ってしまった




でも声だけは聞こえる




恵の声...






















''苦しそうな声''


あなた

........

身体が動かない












声が出せない























''何も出来ない''




脳は起きてるけど身体が寝てるって事ホントにあるんだね



























''不思議な感覚''
伏黒 恵
ガハッ....
恵....





ごめんなさい



















私の攻撃効かなかったのかな...

















今、私は''仲間''に苦しい思いをさせてしまってる


































''嫌だ''











自分が許せない





















''また''あの時のようになってしまう


















助けて....










『なら立て』




...どうやって?




『....気合いだニカッ』

あなた

......ピクッ

呪力がないから立てた所で助けられないよ





『あるだろ?呪力』





どこに...






『...ここ』





すると耳が熱くなった



誰かに触られてる様な感覚...
あなた

チャリン


あったよ...




''呪力''


































すぐ近くに

















''特級呪物が''

















私は立ち上がり呪力を吸い上げた






さすが特級呪物







これだけあれば''困らない''











待ってて恵、





























''助けに行くよ''
‪- - - - - - - - - - - - - - - - - ✄‬



いい加減この場面から離れたいねんけど笑



次で終わらします!(多分!)←おい



♡20 NEXT➮