無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🖤
U
U
どうして"深海"なの?
ジョンハン
ジョンハン
それはな━━━━━
?
敵対してるヤツらが勝手に言ってるだけだ!



説明しようとしたジョンハンの言葉を遮って、あの男の子が口を開く。まるで、説明などさせたくないとでも言うように。


ジョンハン
ジョンハン
チャナ、いい。姫さんを攫ったのは俺らだ。被害者は加害者のことを知る権利がある
ディノ
ディノ
・・・っ俺だけじゃなくてみんな嫌なんです!ハニヒョンのこと何も知らない奴らがつけたそんな名前!
ディノ
ディノ
俺らみたいなやつを囲って、護って、生かしてくらるような人、ハニヒョンしかいないのに



そう引き裂かれるような声は、あまりにも痛々しかった。この人達がどんな経験をしてきていようが、私には関係ないのに。


U
U
・・・よく分からないけれど、ピッタリじゃない。深海って



なのにどうして、こんなフォローのようなまねを。


ディノ
ディノ
何も知らないくせに、勝手なことを言うな!
ジョンハン
ジョンハン
チャナ!



怒鳴られようが関係なく、ぽろぽろと言葉を繋げる。


U
U
貴方が言ったんでしょ?生かしてくれるのはハニヒョンしかいないって。ピッタリじゃない。光の当たる場所では住めない生き物を囲って、護って、活かしてあげらるのよ。"深海"は
U
U
ソレって最高の褒め言葉でしょ?本当に優しい人だってことよ、"ユンジョンハン"は。今度誰かに"深海"って呼ばれた時は、お礼でも言っときなさいよ



こんな言葉、本当は言うつもりなどなかった。


慰めるつもりなんてなかった。


ただ、チャニの言った言葉が、私にとってとても痛かったからだ。


じゃあ、私にとっての"深海"は?


なんて、馬鹿な考えがよぎったとき。


ジョンハン
ジョンハン
・・・ありがとな、姫さん



透き通っためで、ジョンハンがお礼を言ったから。


落ち込みそうな気持ちを、必死に持ち上げた。


自分の感情に気づかないように。




















Next➥