無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🖤
━━━━━━━━━━副会長=?





ジミンの願いをもちろん私は了承した。


逆にそんなことでいいのかと申し訳なくなるほどだ。


何度言っても『弁償はしなくていい』と言ってくれてるし。


それが謝罪になるならと引き受けたけれど。









U
U
・・・ねぇ。副会長って選挙で決めるものなんじゃないの?
U
U
っと言うより、この時期に任命なんて中途半端すぎる。
ソクジン
ソクジン
あぁ。副会長を決めるのは僕らだから、僕らが了承すればOKなんだよ



・・・、意味が分からない。


U
U
先輩、分かりやすく教えてください。



私が問うと、ナムジュンさんは小さく、


ナムジュン
ナムジュン
うーん


と言いながら、メガネを押し上げる。


ナムジュン
ナムジュン
ここはそもそも選挙なんかしなくてね、分かりやすくいえば人気投票?みたいなのをして、票が1番多かった人が生徒会長になるって感じなんだ
U
U
その他の役員は?
ナムジュン
ナムジュン
票の多かった会長を除く上位6人で決まる
U
U
人気投票・・・ねぇ



チラリ、視界に入れるのはナムジュン以外のメンバー。



この人たちが人気投票上位者なんて、にわかには信じられない。



顔?顔なの?


そりゃ全員イヤミなくらい顔が整っているけれど。


人気投票というのなら、こういう結果になりうるのか。


仕事ができる、出来ないは関係ないのかな。


この中で唯一、ナムジュンさんだけは仕事ができそうだけれど?


テヒョン
テヒョン
おい、貧乳。なんだその失礼な視線は
U
U
貴方の発言の方がよっぽど失礼よ。その耳につけてるピアスが光を反射して眩しいの。こっち向かないで



キムテヒョンは自分のピアスにこだわりがあるらしく、『こっち向かないで』という私の発言に大層なご立腹ぶりで。


テヒョン
テヒョン
向きたくねーよ貧乳


だの


テヒョン
テヒョン
ピアス開けてねぇお子様にはわかんねぇんだよ


だのブチブチ言ってたが、最終的に


ユンギ
ユンギ
テヒョン、うるさい



というユンギさんの一言で全てが終わった。





気を取り直して説明を続けようとしてくれたナムジュンさんだったけれど、


ホソク
ホソク
明日になれば細かいことは分かるよ〜
ソクジン
ソクジン
今日はもうめんどくさいから帰ろ



というなんともまぁ自己中心的な発言で本日の説明は終了。


私はもやもやした気持ちを抱えたまま帰宅することに。


ちなみに生徒会室を出た頃には、6限の授業などとうに終わっていた。




















Next➥