無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

🖤
とぼとぼと家路について、ふと見上げたのは住んでいるマンション。夕日を浴びて煌めいてる姿は美しくない訳では無いけれど。


U
U
こんなんじゃなくて良かったのに



ぽろっともれてしまった言葉を、誰かが聞けば"贅沢だ"というのだろうか。


ざわり、揺らめきだす。


音を立てて吹いた風が、漆黒の髪を攫った。


今日は予定外なことが起こりすぎた。


生徒会なんて入りたくなかったのに?


まぁ、形見を壊してしまったのだから、責任は取らなければ。


目を閉じてまぶたの裏を見る。


入学する前に、誓った事を思い出す。


明日からのことを考えると、それだけで、憂鬱だ。



















Next➥