無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ぺけたんの事実
ぺけたん
ぺけたん
あまり言いたくないけど、実は……
ぺけたん
ぺけたん
僕、実は妖怪なんです。
光雷
光雷
やはりね、薄々感じていたの
ぺけたん
ぺけたん
妖怪の僕にとって霊は天敵なんです、特に地縛霊は
光雷
光雷
そうなのね、皆は貴方が妖怪ということを知らないね
ぺけたん
ぺけたん
はい、だからまた迷惑をかけないためにも
光雷
光雷
黙っておく、って事よね
ぺけたん
ぺけたん
はい
光雷
光雷
了解、最後に貴方がどのようや妖怪か、確認していいかしら
ぺけたん
ぺけたん
はい
光雷
光雷
狐か
狐雷
狐雷
まぁな
狐雷
狐雷
でもこのことは絶対に言うな、いいな
光雷
光雷
分かったわ
狐雷
狐雷
じゃあな






孤雷は去っていった




光雷
光雷
あの妖怪、とても珍しい妖怪よね…悪さはしない、でも逆に人間の味方なのよね、仲間の狐の仲間からは裏切り者って言われてるのよね [何で人間の味方に着くんだ]って言われてね……











孤雷side




狐雷
狐雷
この姿がもしアイツらにバレたら……

回想
ンダホ
ンダホ
あれ、この狐ぺけと同じ声してる!
シルクロード
シルクロード
あ!本当だ!
マサイ
マサイ
もしかして、お前ぺけか?
孤雷
孤雷
(マ、マズイ……!)
ダーマ
ダーマ
返事をしないならコイツ、ペケじゃね
ザカオ
ザカオ
ほっぺつねってみれば?
モトキ
モトキ
んじゃぁーつねってみるか
(ムニッ)
孤雷
孤雷
痛った!
フィッシャーズ全員
フィッシャーズ全員
あ!ぺけだこの声は!
孤雷
孤雷
(ば、バレた!)











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
孤雷
孤雷
バレたら封印される、仲間も封印される……
雪
あれ、この狐可愛い
孤雷
孤雷
(雪だ)
シルクロード
シルクロード
あれ、コイツぺけじゃね?
孤雷
孤雷
(一体何を言っているんだ?ま、まさか……)
ンダホ
ンダホ
そうかもね、光雷さんからぺけが何処に居るか教えて貰ったし、事実も話してもらったし
孤雷
孤雷
(は?!)
マサイ
マサイ
というか、無理やり聞いたんだよな
孤雷
孤雷
(絶対に言うなって言ったのにな)
ダーマ
ダーマ
場所を聞いた後なんかソワソワしてたしな、聞いておいてよかったな
孤雷
孤雷
(今のうちに逃げたいな)
モトキ
モトキ
君はぺけたんかな?
孤雷
孤雷
答えるわけが無いだろ!
ザカオ
ザカオ
ぺけの声だね
孤雷
孤雷
( ˙-˙ )チッ
シルクロード
シルクロード
ぺけだよな、正直に言ってくれ
孤雷
孤雷
俺で合ってる
ンダホ
ンダホ
ペけ、どうして言ってくれなかったの?
孤雷
孤雷
迷惑をかけないため
マサイ
マサイ
迷惑にはならないよ
孤雷
孤雷
本当か?
ダーマ
ダーマ
ああ、この目を見て言ってみろ
孤雷
孤雷
寝てんじゃん‪w‪
ダーマ
ダーマ
Zzzzz…
モトキ
モトキ
起きろ
(バシッ)
ダーマ
ダーマ
痛ってーなぁおい!‪w‪
フィッシャーズ全員
フィッシャーズ全員
ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは
ザカオ
ザカオ
見つかって良かったよ
雪
うん、そうだね
シルクロード
シルクロード
ぺけ、一緒に帰ろう
孤雷
孤雷
分かりましっ!
マサイ
マサイ
そのネタ使うなよ‪w‪
孤雷
孤雷
‪w‪



































Fischer'sHOUSE到着










孤雷
孤雷
ただいま
シルクロード
シルクロード
おかえりぺけ!
孤雷
孤雷
ただいまシルク
孤雷
孤雷
それに皆もただいま
フィッシャーズ全員
フィッシャーズ全員
おかえりぺけ!
孤雷
孤雷
こんな姿でもよろしくな、皆!
フィッシャーズ全員
フィッシャーズ全員
よろしく!
シルクロード
シルクロード
ま、とりあえず入ろうぜ
雪
だね
シルクロード
シルクロード
明日は、俺と雪が留守番で後の皆はアスレチックで動画を撮るんだよな
マサイ
マサイ
そうそう
ンダホ
ンダホ
編集よろしくね2人とも
シルクロード
シルクロード
任せろ!
雪
d(ゝω・´○)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

光
フィッシャーズと一緒にした小説です。読んでくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る