無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

2人きりの家(R18)
次の日、
シルクと雪以外はアスレチックに
動画を取りに行った




シルクロード
シルクロード
なぁー雪
雪
ん?何〜
シルクロード
シルクロード
ミルクティー取ってきてくれない?
雪
分かった



ミルクティーを持ってきた

雪
はい、どうぞ…って…うわっ!


ドスッ

雪
痛てて……シルク大丈夫?
あ。(〃・ω・〃)
シルクロード
シルクロード
俺は平気だけど、雪俺を襲うつもり?
(ニヤッ)
雪
いや、そんなわけじゃないけど…!


クルッ

シルクロード
シルクロード
もしかして、もし俺が襲ってたら怖いか?
雪
シルクだから怖くないよ
シルクロード
シルクロード
俺さ、もう嫌なんだよ
雪
え、どういう事?
シルクロード
シルクロード
俺ずっと我慢してきたけど、まだ年下のおまえを襲ったら嫌われそうな気がしたんだ。
雪
私は、良いよ、シルクに全部あげる
シルクロード
シルクロード
本当に良いのか?俺、狼になるかもしれないし、絶対に止まらないかもしれないんだよ?それでもか?
雪
うん
シルクロード
シルクロード
もう止まらないからな

chu
雪
んっ…はっ……
シルクロード
シルクロード
んっ





シルクが舌を私の口の中を乱して。





雪
はっ……んんっ…
シルクロード
シルクロード
んっ






シルクは、私が緊張していることに気づいて時間をかけて、私の緊張を解いてくれたシルク。




雪
ひぁっ……っ!



耳噛まれて、変な声、出ちゃった。


シルクロード
シルクロード
っ!



上の服を脱がして、私をブラだけにした。





恥ずかしさに、シルクの顔が見れない……。




シルクは私の胸をゆっくりと下着の上からいじって。
雪
んっ……んんっ



ちょっとたって、私のブラを外そうとするシルクに
雪
待ってシルク、やっぱ恥ずかしい…/////



全部あげたいって言ったけどやっぱり恥ずかしいよ……。


シルクロード
シルクロード
俺は、雪の全部を見たい。



そんなこと言われたら……。


雪
ん……。 




私の小さな聞こえるか聞こえないかくらいの返事で、シルクは私のブラを外した。





一気に解放感と恥ずかしさにやられた。





恥ずかしすぎて、胸を自分の腕て隠した。

雪
やっぱ、恥ずかしいよ……
そう言うと、シルクは私の胸に優しくキスをしてきた。






chu…





あ、シルクなら…





そう思った。
シルクロード
シルクロード
怖くないか?
雪
大丈夫シルク







































































それから2人は朝まで愛し合ったとか……




















LINE
ピロン
シルクロード
シルクロード
ん?マサイからだ











LINE


マサイ
マサイ
おはよう☆TARAKO☆‪w‪
シルクロード
シルクロード
誰がTARAKOじゃ‪w‪
シルクロード
シルクロード
んで、どした?
マサイ
マサイ
実はさ、ホテルに居るんだけどさ、今日帰れそうなんだ。
シルクロード
シルクロード
あれ?なんかあったのか?
マサイ
マサイ
動画がたまたま時間がかかってさ、でね海で沢山体を動かしたからさ、皆疲れてたからホテルに泊まったって事
シルクロード
シルクロード
OK牧場
マサイ
マサイ
2時ぐらいかな帰ってくるのは
シルクロード
シルクロード
了解






LINE終了





シルクロード
シルクロード
とりあえず、服でも着るか
シルクロード
シルクロード
……着させるか






服を着させた




シルクロード
シルクロード
これでOKかな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

光
フィッシャーズと一緒にした小説です。読んでくれると嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る