前の話
一覧へ
次の話

第4話

chapter : 2
264
2022/12/31 15:23


トニーside


ルトラ
別に縛る必要は無いんじゃないですか…?
エマ
私達女の子だよ…?
トニー・スターク
すまないが君達がどんな能力を持っているか分からないんでね。


未だに本当にこの少女たちが能力を持っているのかと疑ってしまう。

トニー・スターク
洗いざらい話してもらおうか?
レイ
能力について…ですか。
エマ
話してもいいんじゃない?悪い人じゃないんだし…ね?
ルトラ
そうですね。話します。
ルトラ
私はルトラ。能力は重力を操ります。能力には限界があって半径約20m。今わかってるのはそれだけです。
レイ
私はレイです。少し難しいですが触れたものを変化させることが出来ます。例えば、ナイフ状にしたり…ですかね。
エマ
エマです!空気を操ります。突風で相手を吹き飛ばしたり、毒ガスを除去したり水の上を渡れます!
トニー・スターク
…なかなか強力だな。
トニー・スターク
お嬢さん方、その力世界のために使ってみる気は無いか?


自分で思うが、こんな高校生をヒーローにするなんてダメな事だと。だがこの力を使わないなんて言う方がおかしいだろうとも思ってしまう。

ルトラ
……そう、ですね…
エマ
私は、やりたい!
エマ
みんなの為に力を使いたい…ダメ、かな?
トニー・スターク
だ、そうだが?君たちはどうするんだ?
レイ
…こんなこと言われたら、断れないですね。(笑
ルトラ
その話、乗りましょう。
トニー・スターク
決まりだ。













_________________________










久しぶりの投稿すみません!!
なんかアカウント消えてて…言い訳ですね、はい。()嘘では無いです!!
これから頑張ります〜!!

プリ小説オーディオドラマ