無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

809
2018/06/14

第8話

8
裕也「それで?なんで3日も部活休んだのか、理由を教えろ」

花梨「....」



海音に裏切られ、部室で一対一、向き合って取り調べみたいな感じになってます。



裕也「おい、聞いてんの」

花梨「聞いてます....」

裕也「そう、で?」



笑顔で聞き返してくる佐々木先輩。

でもキツめの言い方と目が笑っていない笑顔で怖さ倍増だ。



花梨「理由っていうか...単に気まずかっただけで...」

裕也「は?そんなことで休んでたのか?」

花梨「そんなことって!」

裕也「じゃあお前は、休んでたんじゃなくてサボってたんだな?」

花梨「そんなつもりじゃ!」

裕也「でも、正当な理由なく休んでたんだろ?」

花梨「....まあ、そうですけど..」

裕也「じゃあ、部長権限で、一回だけ俺の言うことなんでも聞くこと!いいな?」

花梨「なんですかそれ...」

裕也「おし、これで決まりな!何させようかな~♪」

花梨「まじですか....」

裕也「お前の大好きな恭也くんも心配してたんだから、当たり前だろ」

花梨「....!」



それを言われてしまったら、もう何も言い返せないです、先輩。



花梨「大好きな、は余計です」