第7話

5  〜アクアside〜
400
2023/07/18 10:41
〜アクアside〜








ああ…、やっと本音を話してくれた…。











そりゃあ…、そうだよな…。あの完璧な嘘で作り上げたアイドルアイといたから、隠したりすることも得意になるよな……。






一緒に過ごしてみてわかったことは、あなたさんは、お酒を飲むと本音をポロポロ言う事…。 
人並みには飲めるが…、久々に飲んだりするとお酒に弱いこともわかった…。











だからこそこの本音を聞けるチャンスを逃すわけにはいかない…!







………あなたの名前の最初の一文字ーたんは…、グループの誰よりもB小町を大切に思っていたことはファンの誰もがみてわかった…。









    







だから…当時9歳だった俺が、突然言われたこの言葉に驚きを隠せなかった…。






あなた
……B小町解散させようと思ってる…。
    







ミヤコさんや俺やルビイがいたときにそのことを言われた…。












ルビー
………なんで…?やだ…やだッ゙…、そんなの……、!!私が…、16になったらB小町に入るの……っ!!


ルビイは泣き叫んで、あなたさんにしがみついて訴え続けた…。









俺もそれに続くように、辞めないでほしい、B小町を続けてほしい、あなたさんが輝いている姿を見ていたいと言い続けた…、










アイが亡くなってからB小町はあなたさんのおかげで人気はそのままを維持していた…、25歳で辞めるのはまだ早い…というより…










B小町のあなたの名前の最初の一文字ーたんをもっと見ていたいというのが本心だった。










でも、あなたさんの意思が変わることもなく、ただ一言、
あなた
……ごめんね、でももう決めたことなのニコ










その嘘の笑顔を見た瞬間…、







ああ…、この人の意思を変えることはできないんだと表情から読み取れた…。










ミヤコさんも、「あなたが決めたことならそれを尊重するわ」といい…、その数日後、B小町は解散を発表した…。














俺は悔しかったんだ…、あなたさんを…、少しでも助けられたら…って…





中身は、あなたさんと同年代だったとしても…、当時の見た目じゃ…何も話してもらえないのもわかっていた…、







そして…、アイが亡くなったことによって…、あなたさんは、全部の表情が作り物に見えるようになった。











自分の表情を上手く表すことが困難になったんだ…。





 
   




演技で泣くことはあったりしても…、この12年間プライベートで泣いたりするところも見たことがない…。








だからこそ……………

















アクア
(月雲あなたのホントを見せてくれ…)











_______________NEXT







作者
作者
なんかいつも長くなっちゃう

プリ小説オーディオドラマ