無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2021/06/07

第1話

転勤!
いつものようにアジトに入ろうとしていた葉者だが、こんな噂を耳にした
葉者
葉者
はぁ、今日で何回めの依頼達成だよ
まぁ暗殺初めてから6年が経つから
仕方がねぇか、、ん?
A
A
ひそひそ、、、
B
B
ひそひそひそ、、、
葉者
葉者
なんだ?なんかやけに嫌な空気が漂ってるなぁ
アジトのリーダー
アジトのリーダー
おーい!
葉者ーちょっとこっちに来てくれ~
葉者
葉者
わかりましたー!
すぐに行きます!
葉者
葉者
ご要件は?
アジトのリーダー
アジトのリーダー
えーっと今日から君、転勤ね!
葉者
葉者
はい分かりました!、、、って!
転勤?!
聞いてないですよ?!
アジトのリーダー
アジトのリーダー
うん、だってゆってないもん
葉者
葉者
いや、ゆってないもんじゃないですよ!
なにかの冗談ですよね?
冗談ってゆってください!
アジトのリーダー
アジトのリーダー
冗談でこんなこと君に言わないよ~
葉者
葉者
はぁー
転勤はわかりました、、、
ところでどこのアジトに転勤ですか?
アジトのリーダー
アジトのリーダー
えーっと、、
確か林高校って言うところかな~
葉者
葉者
ふぁ?!
っと間抜けな声をだしながら驚く葉者
アジトのリーダー
アジトのリーダー
なに?wその間抜けな声w
えーっと、、転勤させる理由なんだけど~
実は依頼なんだよね~
葉者
葉者
学校から暗殺者に依頼って、、
どんな学校ですか!それ!
アジトのリーダー
アジトのリーダー
えーっと、、
依頼内容が~
不審者や、誘拐が多いので、1人の人材をお願いしますだって~
葉者
葉者
それって普通警察に言う内容ですよね?!
しかもなんで俺なんですか?!
他にも人材はたくさんいますよね?!
アジトのリーダー
アジトのリーダー
いや~君いつも働き詰めだったからしばらくの間休暇程度にどうかな~って思って
葉者
葉者
休暇って、、、
まずまず俺教師とかできませんよ!
アジトのリーダー
アジトのリーダー
だからアシストのためにもう1人人材入れてるからその人に頼ってね~
アジトのリーダー
アジトのリーダー
というわけで!
ポチッとな!
その掛け声とともにボタンが押された
奥から何かアームのようなものが動いてくる
そしてきずけば葉者のクビ元をがっちりと掴んでい
葉者
葉者
ちょ!離せ!離せよ!
葉者
葉者
誰か!助けて!
そこのお前!笑顔で手を振るんじゃねぇ!
痛!
きずけば葉者は大砲のようなものの中にいた
そして導火線に火がつく
アジトのリーダー
アジトのリーダー
角度よーし!
威力MAX!
発射まで3、2、、、
葉者
葉者
はぁー
俺の人生ここで終わりか~
アジトのリーダー
アジトのリーダー
1、発射!
ドカン!と言う音と一緒に葉者が発射された
葉者
葉者
だれがぁぁぁぁだずぅげでぇぇぇぇ
ママァァァァァァァァ
こうして葉者の教師生活は始まったのである