無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,205
2020/01/28

第22話

22  🔪
優斗side
はぁ……。荒ぶりすぎた………。

ごめん、がりさん……。痛かったよね。

そう思うなら直でちゃんと謝れよってなw
高橋「はぁ……」
俺はため息をついてあなたをベッドに下ろす。

はしもっさんに

『今日は俺以外の部屋で寝かせてほしい』

って言われた。

どうしたんだろうって思ったけど、

言われた通りにした。

あなた…………。あの事、OKするのかな……。

大切な家族かもしれないのに…。

例え、あの原因が二人だったとしても、

家族なのは家族だろ…!?

家族失うことが辛いって、

俺らが1番知ってるだろ…。

なのになんで殺そうとしてんだよ……。

…………………いや、俺らは、

たくさんの人を殺してるんだ。

その中には、どれだけ多くの母親がいたんだろ…。

ましてや学生までいたんだ。

家族を失わせてばっかりだ。

俺らはッ、俺らは、!

たくさんの、家族を、
高橋「殺していたんだ………ッ」
これほど最低なやついるのか!?

なんで俺らは、殺人なんかしてんだ……。

いつか見つかれば俺らは捕まる。

そしたらあなたは……?

あなたも捕まっちゃうの?

なにもしてないのに?

俺らかただ巻き込んでるだけじゃん。

何も悪くないのに……。
高橋「あなた…………」


『んぅ………』


高橋「あなた?」


『…………(。-ω-)zzz』


高橋「なんだ………」
起きたのかと思った………。

明日、あなたにちゃんと聞かないと。

お願い。あなた。

断って、ほしい………。