無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話





日曜日の朝。自分で言うのもあれだけど、

珍しく早起きした。勉強会だし寝ぼけたまんま

やってられない。十分に部屋を整えて多分もうすぐ

西畑先輩が来るだろう。という予想だ!

 


ピンポーン🔔




ほらっ!来た!



西畑「こんにちわ。西畑大吾です。」

道枝「お嬢様!西畑さんいらっしゃいましたよ。」

  『了解!』

道枝「どうぞお入りください。」

  『いらっしゃいませ。今日はよろしくお願いします!』

西畑「笑笑どしたの?」

  『なんで笑うんですか?!』

西畑「珍しく丁寧だから」

  『むかっ!私だって丁寧ぐらいできるんです!』

西畑「日本語おかしいだろ笑国語も頑張ろうな」




会って早々バカにされました。ぴえん🥺

はい。ちょっとふざけました。




西畑「まず、何が苦手?」

  『国語と理科と英語と地理と数学と…』

西畑「歴史以外できないってことか」

  『バカですみません。』

西畑「とりあえず理科からやろう!」

  『理科…1番苦手なんですけど』

西畑「頑張るしかないな。」

  『はい…』



ー2時間経過ー






道枝「西畑さん、お嬢様、お昼ごはんです。」


とりあえず!ご飯食べてきまーす!