無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話





ギリギリ間に合った。

もうちょい早く起きたほうがいいな…

これからお昼ごはん。食堂に行く。

森山「今日はなに食べる?」

この人は親友の森山華。学年でTOP10に入る秀才だ

私とは大違い。私なんて下から数えた方がはやい

  『ロールキャベツにしようかなー』

森山「てかさ、道枝と手繋いで来たんだね」
 
  『なんで知ってんの?』

森山「窓から見てた笑」

  『あーね。』

道枝「なになに?俺の話?」

  『うわっ!道枝…』

道枝「俺や悪いか!」

森山「ほんとに仲いいね。あんた達は」

  「「仲良くない!」」

森山「そういうとこよ」

  『あっ!?』

道枝「どした?」

  『生徒会忘れてた!』

森山「頑張れー!」

  『じゃあね!』


そう。私は生徒会に入ってる。

生徒会には学園のTOP3がいる
 
西畑大吾。学園1の秀才だ。この人が生徒会長。

藤原丈一郎。学園2の秀才。副生徒会長をしている。

      生徒会の最年長。

高橋恭平。学園1の運動神経。副生徒会長をしている。

私が直接関わっているのは西畑大吾。

この人の専属書記を担当している。

直接やってほしいと言われてしぶしぶしている。

今日は2人での話し合いの為遅れると大変なのだ。

間に合うといいんだけど…