無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話





現在6:00。

徹夜してた。西畑先輩にバカにされないように!

そろそろ道枝が起こしに来る…



道枝「お嬢様。朝ですよ。」

  『わかってる。』


それで立とうとしたら、立てなくて…



ドンッ💥




道枝「お嬢様?!」

  『はぁっ。はぁっ。』

道枝「熱あるじゃないですか!」

  『ちょっと…徹夜したっ』

道枝「とりあえずベッド行きましょ…」

  『コクッ

道枝「お粥だったら食べれますか?」

  『うん…』


ー道枝sideー


数分後………



道枝「お嬢様。食べれますか?」

  『食べさせて?』


え?食べさせて?


道枝「ご自分では召し上がれないですか?」

  『道枝に食べさせてほしい。』

  『命令ね!』


命令だし…しょうがないよね…?


道枝「はい。あ〜ん」

  『んふふ。美味しい///』

道枝「っ///」

ちょっと待って…

熱のあるあなた。破壊力の神。

んふふ。ってなに?!


  『道枝。寝れないから、ギューッてして?』

道枝「へっ?ギュッですか?」

  『ううん。ギューッてして?』

道枝「はい。ギューッ」

  『ふふっ///』

  『zzz…』






甘々なあなたちゃんに戸惑う道枝くんでした。

あなたちゃん。明日には元気だといいですね。