無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話







大西「こっちこっち!」

高橋「なに?なに?」

大西「いいから!」




ガチャ




大西「連れてきたで〜!」




いや、頼んでませんー!





大西「じゃあ僕はこれで!」





ちょっとまて〜!

いや、きまずっ←





高橋「なんか用やった?」

  『えーと(汗』

  『なんで、、私なのかな、と思いまして…』

高橋「候補者の話?」

  『そう、です。』

高橋「やっぱ覚えてへんかー!」

  『??』

高橋「ほら!俺!高橋恭平!」



 
なにいってんだこの人。

知ってるですけど…?この学校の生徒会だし。




高橋「恭平!」

  『えっと…?』

高橋「恭兄やで!」




恭兄…恭兄…  はっ!




  『幼稚園のころの?』

高橋「そうそう!」




あれ…?こんなにチャラかっt((殴




  『全然気づかなかったです。』

高橋「思い出したみたいで良かったわー」

  『だって全然違うんですもん。」

高橋「そういや明後日また候補者の説明あるってよ。」

  『そっか。ありがとうございます!』