無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話





  『西畑先輩!今日はありがとうございました。』

西畑「次のテスト頑張って」

  『はいっ!』

西畑「道枝くんもあなたに勉強教えてあげてね?」

道枝「かしこまりました。」


そう言って西畑先輩は帰っていった。


  『道枝ー!ちょっとはフォローしてよー』

道枝「お嬢様が可愛かったもので笑」

  『//もうっ。またそうやって』

道枝「事実ですよ?」

  『はっ?』

道枝「嘘です笑」


道枝。いちお私もれでぃーだぞ?

ほんとに余裕しかない奴め。

その余裕どっから来てんだよ((


  『道枝なんて知らない!』

道枝「じゃあ今日の晩ごはんはなくなりますね。」

  『それはだめ!すみません。私が悪かったです。』

道枝「今日はハンバーグにしますね。」

  『ありがとうございます。道枝様(( 』

道枝「19:00にキッチンにいらしてください。」

  『了解っす』


まじで。ご飯に勝るものはない←