無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

6
397
2022/05/23 06:59
優茉「ひな?」

(_ ..)_ バタリ

優茉「ひな!!」

優茉「先生…先生呼ばなきゃ」

走って謙杜のところに行く

優茉「謙杜先生!!」

長尾「どうした」

優茉「ひなが…ひなが」

長尾「落ち着いて 案内して」

ひなの所に行く

長尾「ひな!」

長尾「ひな、分かるか?」

『……』

長尾「優茉ちゃん みっちー呼んできて」

優茉「は、はい」

長尾「診察に」

優茉「わかりました」
診察室
道枝「どうしたん 長尾」

長尾「ひなが廊下で倒れたらしいねん 俺これから用事で抜けるから見といて欲しい」

道枝「わかった」
数時間後
『んぅ…』

道枝「ひなちゃん わかる?」

『(。_。`)コク』

道枝「倒れた時覚えてる?」

『倒れた…』

『あ、私倒れたのか』

道枝「隠れてリハビリしてへん?」

『……』

道枝「してるねんな」

『だって…』

道枝「早く退院したいんはわかった けどな?」

『わかった…もう隠れてリハビリは辞める』