第7話

ジャン【7】
607
2021/04/09 12:50
たくさんの犠牲を出しながらも壁内に帰った私達。
ジャン
ジャン
チッ...なんなんだ。あんなに犠牲者出して何も分からずじまいじゃねぇかよ。
あなた

そうだね...。

エレン
エレン
今回の壁外調査で何が得られなんだ。
その得られた情報は犠牲に見合うのか...
ミカサ
ミカサ
エレン...大丈夫...
アルミン
アルミン
い、今は無事に帰れたことに感謝しよう...。
私達は夕食を食べ終わり自室に戻っていく。
私は何となく夜風に当たりたくなって外に出る。
あなた

ジャン...またここにいたんだ。

ジャン
ジャン
ぁ...あぁ。
ここはマルコの死体があった場所。
ジャン
ジャン
なぁマルコ。俺調査兵団としてやっていけんのかな。
ジャン
ジャン
俺...無理かもしんねぇよ。
あなた

....

私はジャンの話すことを静かに見守り、きいていた。
マルコ
マルコ
ジャン...ジャンならできる。僕は信じてる。
その時ふとマルコの声が聞こえた気がする。
ジャンにもその声は聞こえていたのか涙を流していた。

プリ小説オーディオドラマ