無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

いちわ
AM 7:00

小鳥が チュンチュン と鳴くなか

ザワザワ……

私の家の中では朝から騒がしい声が聞こえてくる




ドスンッ
あなた

っ……。痛ったぁ~…、、

てて
あなた?おはよ~!!!󾌶
あなた

っ……。て、てて…おっぱ…おもっ……たいっ

てて
あ、ごめん…。笑笑
ガチャガチャ… ギャーギャー……

私の家の騒ぎはまだまだ続きそうです笑

ガチャッ
じみん
あなたおっはよ~!!
))ギュッ
あなた

あ!じみんおっぱおはよ♡
く、くるしっ……


私の朝はこうしてはじまる。

ガヤガヤしてるけどもう慣れちゃった笑
それにしてもじみんおっぱ…く、くるしっ…
てて
あー!俺のあなたに……。
))(´._.`)シュン
落ち込んでるてておっぱかわいっ♡ 
でも、てておっぱのものじゃないんです♡笑
あなた

じみんおっぱ離れてっ……。

じみん
))離れる
うふ♡やっぱ可愛い♡下行こ?
あなた

うん!!行こ行こ‼

じみんおっぱは、てておっぱが同じ空間に居ないかのように見事に無視して私をお姫様抱っこしてきた。
てておっぱ怒ってるに違いない…。
あなた

ひゃっ…?!
じみんおっぱ?ひ、一人で歩けるよ~!

じみん
暴れない暴れない!!
落っこちるよ?My Princess♡
じみんおっぱのPrincessになったおぼえはないし、このまま下行ったら皆に怒られるし……。



____ 私の朝はまだまだ続きそうです😅