無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

元気だよ?
熱下がったしみんなのところ行っていいのかな.......
今も下から楽しそうな声聞こえるし.......
あなた

(うーん.......)

あなた

(もういいかなぁ.......)

あなた

(よし、行くか!)

あなた

(しずかに階段降りよ.......)

トン.......トン.......(階段をおりる音)






バタン!(リビングのドアが勢いよく開く)
あなた

(えっ!?)

ころんくん
ころんくん
あなた!
勢いよくドアを開けたのはころんくんだった
ころんくんはダッシュで私の所へ走ってきて、飛びついてきた
ころんくん
ころんくん
(っ´・ω・)っぎゅー
あなた

え!?

ころんくん
ころんくん
大丈夫? 
ころんくん
ころんくん
ず、ずっと心配してたんだよ!
ころんくんの顔がすぐ隣にある。
二重でかわいらしいけどかっこいいようなきれいな顔
あなた

え.......
そうなの?

ころんくん
ころんくん
うん.......
今にも泣きそうな顔
ころんくん
ころんくん
だってあなたが死んじゃうと思ったもん.......
あなた

えっ!?
し、死ぬ!?

ころんくん
ころんくん
だって僕があなたの部屋行ったの10回以上あるけどずっと寝てたししんどそうだったし熱あったし.......
ころんくん
ころんくん
だから.......だから.......
ころんくん
ころんくん
うわぁぁぁん。゚( ゚இωஇ゚)゚。
あなた

え!?え!?

あなた

わ、私は全然大丈夫だよ!

あなた

元気だよ!

あなた

だから.......
泣かないで?

私はそう言って手でころんくんの涙を拭う
ころんくん
ころんくん
グスッ.......
あなた

ほら、泣いてたらころんくんの顔が台無しだよ?

ころんくん
ころんくん
ん.......
ころんくん
ころんくん
うぅぅ。゚( ゚இωஇ゚)゚。
あなた

大丈夫だから.......

素直なころんくんがかわいく思えてきた私は腕に力をこめる
ころんくん
ころんくん
あなた.......“(´;ω;`)”
ころんくん
ころんくん
ほんとに大丈夫?死なない?
あなた

あはは、死なないよ!
絶対、絶対にころんくんのそばにいるから大丈夫だよ?

ころんくん
ころんくん
そうなの.......?
ころんくん
ころんくん
よかった.......。゚( ゚இωஇ゚)゚。
あなた

ほら、行こう?

ころんくん
ころんくん
うん.......
僕、トイレ行ってるって事にして?こんな顔で行けないよ.......
あなた

あはは、わかった!

あなた

そういえば、なんで私が階段降りてるってわかったの?静かに降りてたはずだけど...

ころんくん
ころんくん
そ、それは
ころんくん
ころんくん
あなたの足音ならわかるから.......
あなた

!?////

ころんくん
ころんくん
あーもう、言わせないで!?ほら、早く行ったら?
ころんくんの顔が真っ赤になっている
あなた

あ、ありがとう.......?

そう言ってすぐころんくんはどこかへ行ってしまった
あなた

(.......ふふっ)

ガチャ
莉犬くん
莉犬くん
あっ!あなたちゃん!!
さとみくん
さとみくん
あ、あなた大丈夫?
あなた

うん、大丈夫!

るぅとくん
るぅとくん
よかった.......
あなた

じゃあさっそく家事するね!

ななもり。
ななもり。
いや、今日はゆっくりしててよ!
ななもり。
ななもり。
俺とジェルくんでするからさ!
ジェルくん
ジェルくん
え、俺!?(´•ω•`)
ななもり。
ななもり。
うん(*^^*)
ジェルくん
ジェルくん
ええ.......
ジェルくん
ジェルくん
まああなたのためならいっか!
俺頑張っちゃうぞ〜?
ななもり。
ななもり。
がんばれがんばれ〜( *¯ ꒳¯*)
あなた

うん、じゃあおねがいします!

ジェルくん
ジェルくん
了解!
ななもり。
ななもり。
まってジェルくん敬礼のポーズ、手が逆だよ‪w‪w‪w
ジェルくん
ジェルくん
え?あ、こっちか‪w‪w‪w‪w
あなた

もう‪w‪w‪w‪w

──────────────────
作者
作者
じゃあここで切ります!
作者
作者
じゃ、おつぷり〜
ジェルくん
ジェルくん
おつぷりー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らららん
らららん
ジェルくん推しのすとぷりすなーです( *¯ ꒳¯*)✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る