無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さん









家は駅の近くらしく






彼女の隣を歩き ついて行く 。






























『 あ 、そうだ 。 名前 、 』




「 えっと 、 川口 、沙良 。
あなたは、? 」




『 俺は 、 天谷壮馬 』









「 壮馬くん 」




『 沙良 』









『 ふはっ 、笑 』 「 あははっ 、笑」

















それからたわいも無い話ばっかして




お互い心開けるようにもなって




いつの間にか沙良の家に着いていた










アパートの一部屋で 、 一人暮らし中らしく




中へ入れば 、 女の子らしいシンプルな部屋に包まれた
























『 女子らしい部屋じゃん 』




「 なに女子らしいって、
女子だもん私 、! 」




『 知ってるよ 、ごめんごめん 』


























俺も荷物を置いて、


もう夜だったから寝る準備も済ませて


しばらく話し続けた 。























そしたら沙良の口から 、












「 壮馬くんはさ 、 どうして私の家に泊まりたいなんて言ったの 、? 家に帰らなくていいの? 」























やっぱり 。







聞かれると思った 。






























ただの親との喧嘩で家出とか 、笑われるか?


















でも 、 そのお陰で 、 キミと出会えたから 。












シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れーなつ 。💧🏀
れーなつ 。💧🏀
" 負けず嫌いな漆黒王子に恋をした " どもっち 、れーなつ💧🏀です! ファンマーク 💧 前垢)user/602449+ ずっと好きだべかのん💗 # 前髪命のなつかのコンビ # 🏀+💧 # なつなつコンビ 手と手を合わせてあったかいどうもなつなつコンビです♡ 自由気ままに小説投稿 。 受験生なので 、投稿ペース🐢です 来年の3月まで何ヶ月か 御休み予定 時々 、投稿あるかもですが 受験勉強の為、携帯いじれません!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る