無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2019/12/30

第15話

頭ポンポン
昼休み

私が寝ていた時


私の頭に手が置かれた

見てみると彼だった

別れてから一言も話してないし、
みんながいるのに頭ポンポンされて

私はめちゃくちゃ驚いた

みんないた

でも見ていなかったと思う

私は、頑張った

頭の上に置いてあった手を弾いた

ニコって笑ってやめてって言った

私、偉い
そのあとの、彼の顔が面白かった

めちゃくちゃ驚いてた

うん、拒否されると思ってもいなかったのかな?

私は強くなったんだぞ

そのあと、私はもう1回寝た
授業まであと10分あった


彼はどっかにいったのかな?って思ってたら

私の手で遊び出した

だからはたいた

そしたら次は髪の毛で遊び出した

もう、私は疲れたから寝た

彼にはこういう時がある

気分屋だ
他の女にやれ!