無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

こんにちは
はじめまして。佐久間大介です。俺はね…日本語があまり上手く話せないの。え?話せているじゃないかって?これは語り部だからこうして話せているけど…実際はこんなには話せない。
今日も行きたくない学校へ向かう。確か今日は新しい先生が来るって聞いたな…どんな先生だろう。でも俺には関係ない。俺は学校へ着いたらすぐに屋上へ向かう。だから先生が俺を心配してここへ来ることも無い。
そう思っていたのに…
あんたは俺のところに来た。警戒することも無く、無邪気な笑顔で……