無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

92
2018/11/26

第5話

楽屋で泊まっている
柏木由紀
柏木由紀
どうしたら良いのかな
さっしー
指原莉乃
指原莉乃
柏木ちゃんごめん
私にもわからないの
麻友ちゃんは何もしてないのに
されたからね…
柏木由紀
柏木由紀
そうなのよね
だから一緒に守ろう
(麻友の頭を撫でながら
渡辺麻友
渡辺麻友
寝ている
指原莉乃
指原莉乃
わかった(^^)
藤ヶ谷太輔
藤ヶ谷太輔
俺たちも守るよ
女性だけじゃ危ないから
玉森裕太
玉森裕太
太輔の言う通り
柏木由紀
柏木由紀
ありがとう😊
藤ヶ谷太輔
藤ヶ谷太輔
うん♪ 麻友のお腹に赤ちゃんいるんだろう
柏木由紀
柏木由紀
知らないよ麻友は言ってなかったから
指原莉乃
指原莉乃
確かに
玉森裕太
玉森裕太
それはそうだろう!
あんな状態で言える訳ないだろう。
藤ヶ谷太輔
藤ヶ谷太輔
渡辺さんは二人からも嫌われたら
一人になっちゃうのが怖くて言えないんですよ
わかってあげてくれるかな
柏木由紀
柏木由紀
分かりますよ
何があっても麻友ちゃんを守りますから
指原莉乃
指原莉乃
私も(^^)
渡辺麻友
渡辺麻友
皆んなごめんなさい!
これ以上迷惑はかけられない…
私のせいでみんなもいじめられたら
それこそどうして良いか分からなくなるよ。
だから離れてた方が良いよ。
柏木由紀
柏木由紀
麻友ちゃん。
気にしなくて良いんだよ。
指原莉乃
指原莉乃
そうだよ!おいで
渡辺麻友
渡辺麻友
二人優しすぎる!
藤ヶ谷太輔
藤ヶ谷太輔
これがかけがえのない人しか出来ない事だからね