無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

壁外調査〜リヴァイ目線〜
明日は壁外調査がある。だか、いつもとは少し違う…何故なら…カグラがいることだ。
新兵が入った時は長距離作戦はやらねぇはずだが…
今回の作戦少しおかしい気がする…俺の気のせいだといいんだかな…
エルヴィン
おおリヴァイ、丁度いい所に。カグラも居たか。
探す手間が省けたな
リヴァイ
どうしたエルヴィン。
エルヴィン
いや、明日の壁外調査の最終確認をと、思ってな。
最終確認だと?
さっき作戦会議が終わったばっかじゃねぇか…まさか…
カグラ
何か変わったところでもあるんですか?
エルヴィン
少しな。詳しく話したいから後で団長室に来てくれ。
変わったところ?作戦に不備でもあったのか…いや、有り得ねぇな…とりあえず後で詳しく話を聞こう。
リヴァイ
了解だ。
カグラ
分かりました。
エルヴィン
ではまた後で。
一体どこが変わったんだ…俺達が呼ばれたってことは俺の班の位置が変わったってことだよな…やな予感がするな…
〜省略〜
エルヴィン
…当初はリヴァイ班は中列後方辺りにいる予定だったが、今回は中列後方ではなく最前列に移動してもらう。
リヴァイ
…は?
いやいやいや、いくらエルヴィンでも冗談言う奴じゃねぇよな…最前列か…新兵がいる状況じゃぁ少しキツいな…
〜省略〜
〜リヴァイの部屋にて〜
カグラはああ言っていたが…どうだか少し心配なところがあるが明日は無事に終わって帰って来れるだろう。そんなに難しい作戦じゃないしな…
リヴァイ
(*´Д`)=3ハァ・・・
ハンジ
リーヴァーイー!起きてる〜?
リヴァイ
うるさいぞクソメガネ。
リヴァイ
何の用だ?こんな時間に…
ハンジ
いや、何となく。暇だったから。
リヴァイ
てめぇ,本当に削がれてぇのか?
ハンジ
あ、ごめんごめん〜(笑)
ハンジ
じゃぁ戻るね!バイバーい〜おやすみ〜
リヴァイ
(´Д`)ハァ…なんなんだ一体
コンコン
リヴァイ
今度は誰だ…入れ!
カグラ
失礼しますリヴァイ兵長。こんな時間にすみません
リヴァイ
…どうしたこんな時間に
カグラ
いや、ちょっと明日の壁外調査…少し不安で…
こいつは明日の初めての壁外調査だからな…無理もねぇ…
カグラ
なので気持ちを落ち着かせる方法があれば教えて頂けたらなと思いまして(´ . .̫ . `)
なんだ今目の前にいる生き物は…可愛すぎか!
いや、落ち着け俺…あ、そう言えば壁外調査で緊張したことねぇから落ち着かせる方法なんてなんも知らねぇ…
リヴァイ
壁外調査で緊張したことないからわからん
カグラ
さすが兵長ですね。
リヴァイ
すまんな大した事言えなくて。
カグラ
いえ、大丈夫です!気にしないでください!
リヴァイ
…無理するな。不安で仕方が無いのはしょうがない事だ。誰にでもある。
リヴァイ
明日は大丈夫だ。俺が守るから…心配するな
カグラ
…兵長…ありがとうございます!少しは楽になりました!
リヴァイ
…ならいい。
カグラ
はい!ではおやすみなさい。
リヴァイ
あぁよく寝ろよ。
明日の壁外調査…何としてでもカグラを守る!(何としてでも成功される!)
〜次の日の朝〜
エルヴィン
これより!第32回壁外調査を開始する!前進せよ!
兵士
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
始まった…いつも通りにやればいいんだ。…カグラは大丈夫か…
リヴァイ
おい。大丈夫か?
カグラ
はい。ご心配には及びません!
リヴァイ
そうか…ならいい
大丈夫そうで安心した。さぁ始めよう。巨人との戦いを
続く