無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,138
2018/06/22

第5話

壁外調査
…今私はリヴァイ兵長の後ろを走っている。出発前兵長が
リヴァイ
おいカグラ。俺からあまり距離を取るな。できるだけ近くに居ろ。いいな?
と言われた。昨日の夜言っていたことが関係してるのかな…だったら嬉しいかな…
兵士
前方より10㍍急三体接近中!
リヴァイ
俺が左の奴を殺る。他はそのまま進んでいろ!
カグラは右を殺れ。できるな?
カグラ
はい!できます!
巨人
おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
カグラ
はああああああああああ!
ザシュッ
巨人
があああああ!
(:D)┼─┤バタッ
カグラ
やった!討伐数1。…兵長は?
リヴァイ
終わったか?
あ、とっくに終わってた…さすが人類最強
カグラ
はい。少し手こずりましたけど何とか行けそうです。
リヴァイ
いや、始めてにしては結構良かったと思うぞ。良い腕をしている。
これは褒めてくれたのかな…なんかすごく恥ずかしい(/-\*)
リヴァイ
なぁカグラ,この作戦が終わったら伝えたいことg
ハンジ
リーヴァーイー!巨人がいるって聞いたけど〜!まだいる〜?!
カグラ
ハンジ分隊長!
モブリット
分隊長!急ぎすぎです!
リヴァイ
チッなんだクソメガネ!
ハンジ
いや、さっき深淵弾が見えたからさ〜で巨人は何処?
リヴァイ
あ?見てわかんねぇのか?てめぇの頭はそれほど腐ってんのか?
カグラ
兵長落ち着いてください^^;
ハンジ
えーそんなぁ(;Д;)(;Д;)仕方がない、じゃあ私は自分の班に戻るね!バイバーい〜
ハンジ
行くぞモブリット!
モブリット
分隊長!せめて馬に乗ってください!
カグラ
…スゴく元気な人ですね…
リヴァイ
あぁ、いつもうるさいヤツだ。
リヴァイ
俺達も行くぞ。陣形が崩れないうちに戻る。
カグラ
は,はい!
あ、そう言えば兵長さっきなんて言おうとしたんだろう?
リヴァイ
おい!急げ!
カグラ
はい!今行きます!
風が気持ちいい…なんでだろうこの人の後ろを走っているととても落ち着く。この人とだとなんだか恐怖とか無くなって勇気が湧いてくる。…安心って言った方がいいのかな///
まだまだしなきゃならないことは沢山ある。気を引き締めて頑張って行こう。
〜おまけ〜
«リヴァイ目線»

チッあのクソメガネ…作戦が終わったら覚えてろよ…まぁカグラにバレてなぎゃいいけどよ…
カグラ
あ、そう言えば兵長,さっきなんて言おうとしたんですか?
リヴァイ
…あ?
カグラ
いや、さっきハンジさんが来た時何か言いかけてましたよね?
まじか…聞かれてたのか…
リヴァイ
いや、あれは…
あ、そうだ
リヴァイ
さっきの巨人との戦いで刃を結構使っていたから足りているのかと思ってな。
カグラ
あ、そうだったんですか。刃は足りていると思います。足りなくなったら補充するのでご心配泣く。
リヴァイ
そうか…ならいい
リヴァイ
行くぞ
カグラ
はい。
パカラッパカラッ
びっくりしたびっくりしたー!急に話し出すと思ったらなんで聞いてんだよ!本当のこと言わなくて良かったんだよな…























…まさか俺があいつのこと好きだなんて思えないよな
続く
作者
作者
どうも作者です。当分間が空くかと思いますが次回もよろしくお願いします!