無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

王都にて
突然の王都からの手紙でこれからエルヴィン団長,リヴァイ兵長と私の3人で王都に行くことになった。
カグラ
(まぁ、心当たりがある事はあるんだけどね…)
カグラ
( -ㅂ-)ハァ…
リヴァイ
どうした?ため息なんかついて
カグラ
リヴァイ兵長…いえ、王都に行くのは初めてなので緊張してるだけです。
リヴァイ
そうだったか?まぁ仕方ないな
エルヴィン
二人とも準備は出来たか?
カグラ
はい。いつでも大丈夫です。
リヴァイ
俺もだ
エルヴィン
ならそろそろ行こうか。今から行くと3時間位で着くだろう。
リヴァイ
昼過ぎか…丁度混み合ってる頃だな
カグラ
そうなんですか?
リヴァイ
あぁ。今日は王都で祭りがあるからな
カグラ
どんな祭りなんですか?
エルヴィン
詳しくは知らないが人類を巨人から守っている壁を祀る祭りだそうだ。
カグラ
へぇー(゚A゚)
リヴァイ
バカバカしい。さっさと行くぞ
エルヴィン
リょーかい。じゃあ行こうか
カグラ
はい。
壁を祀るのか…前までの私なら進んで参加してたんだろうけど今は余り乗り気はしないな…まぁ今日は祭りに行くんじゃなくて呼び出しされたんだから!しっかりしろ!
〜王都にて〜
カグラ
うわぁ(๑º△º๑)
リヴァイ
いつまでもそんな顔してないで行くぞ。
カグラ
あ,はい。
エルヴィン
(   ´∀`)ハハハ無理もないな。
王都に着いたのはいいけどそこで私が目にしたのは色とりどりの旗やいろんな屋台,沢山の人だった。
リヴァイ
早く行くぞ。
カグラ
そうしましょう。
リヴァイ
なんだ?人混みは苦手か?
カグラ
はい。酔いやすいので///
エルヴィン
なら急いだ方がいいな。これからもっと増えるしからな
そんなこんなでやっと着きました。王都ミットラス。
リヴァイ
やっと着いたな…
エルヴィン
取り敢えず馬を預けてこよう。
カグラ
(ここにあいつが…)
リヴァイ
おい何してるカグラ…行くぞ
カグラ
はい。
エルヴィン
馬を預けたいのだが
憲兵団
はい。こちらに人数分記入してください。
エルヴィン
_〆(。。)よろしく頼む
憲兵団
はい。では馬をこちらへ
憲兵団
…どうも。帰りに先程書いた紙をこちらに出して頂ければいいのでよろしくお願いします。
エルヴィン
了解した。
リヴァイ
じゃあ行くか。
その後私たちが案内されたのは訓練兵団を除く3つの兵団を統括する総統ダリス・ザックレーの元だった。
㌧㌧
ザックレー
入りたまえ。
エルヴィン
失礼します。旧調査兵団基地より只今到着しました。
ザックレー
ご苦労。まぁ掛けたまえ
エルヴィン
失礼します。
リヴァイ
エルヴィン
早速ですが今回我々が呼び出された理由はなんでしょうか。
ザックレー
最近調査兵団に新兵が入ったそうじゃないか。
エルヴィン
えぇ。お陰様で人員不足にはならないと思います。
ザックレー
その前に1人入団しているものがいるね。
エルヴィン
えぇ。それがどうかしましたか?
ザックレー
いや、大したことじゃないんだかな…聞き覚えのある名だったから調べさせたんだよ。
ザックレー
そしたら面白いことが分かってね
エルヴィン
面白い事とは?
ザックレー
確か君はカグラと言う名前だったね?
カグラ
…はい。
ザックレー
君今家族がどうしているか知っているか?
カグラ
両親は当に死んでいます。
ザックレー
兄弟はいなかったのかね?
カグラ
…兄がいました。
ザックレー
今お兄さんは何処に?
カグラ
…分かりません。
エルヴィン
総統カグラが何か?
ザックレー
いや、彼女の名前が少し見覚えあったのでな…やはりそうか君はあの時の…
エルヴィン
ザックレー
久しぶりだね。カグラ君…いや、カグラ・グレーン
リヴァイ
?!
リヴァイ
…グレーンだと
エルヴィン
知っているのかリヴァイ
リヴァイ
あぁ、何度かあったことがある。
カグラ
お久しぶりです。ザックレー総統,10年振りですね。
エルヴィン
どうゆう事だカグラ
カグラ
今まで隠していてすみません。私の名はカグラ・グレーン。そして兄の名は…
ザックレー
ガスネ・グレーンだったな
カグラ
よく覚えていますね。
ザックレー
あれほど印象に残る裁判はなかったからな…
エルヴィン
ガスネ・グレーン…聞いたことがあります。
リヴァイ
…俺と同じく元々地下街にいた奴だ
カグラ
私も昔地下街にいました。兄が出ていく時私も一緒に地上に出たんです。
リヴァイ
確かにあいつには妹がいたが…全然似てねぇな
カグラ
よく言われます。
ザックレー
彼は憲兵団元師団長に暴行を加えさらに全治1ヶ月の怪我を負わせた…
エルヴィン
まさか…
ザックレー
あぁそれは全くの嘘だった
カグラ
やっと分かりましたか…
ザックレー
あの時はすまなかった。私の失態だ
カグラ
総統のことはもう恨んでいませんよ。
ザックレー
本当にすまなかった…
エルヴィン
…我々を此処に呼んだのはそれだけではないですよね
ザックレー
相変わらず勘がいいな
エルヴィン
いえそれほどでも
ザックレー
君たちを此処へ呼んだのはまぁカグラ君に関係しているのだか
カグラ
私に…?
ザックレー
あぁ。あの時の元師団長の彼の息子が今になってあの裁判のやり直しを言い出したんだ。
カグラ
なぜ今になって…もう結論出ているはずでは?
ザックレー
いや、彼が言うにはガスネ・グレーンの罪をもっと被せるべきだと
カグラ
何故?!
エルヴィン
理由はあるのですか?
ザックレー
彼が言うには「今になっても父の怪我が治らない。あの男のせいだ。もっと罪を増やすべきではないのか!」らしい…
カグラ
…総統はそいつの考えを受け入れるのですか
ザックレー
いや、受け入れるつもりは全くない。実際彼の父親はもう憲兵団にいないからな辞める前は元気だったと聞いている。
カグラ
なら何故今になって
ザックレー
金が欲しいだけだろう…
リヴァイ
バカバカしい…結局は金かよ
エルヴィン
口を慎めリヴァイ
ザックレー
いや、構わんよ
カグラ
まぁあの時は財産の4分の3要求してきましたからね…
エルヴィン
そんなにか…
カグラ
…今回はどの位要求しているのですか
ザックレー
10年前の2倍だそうだ。
カグラ
お断りします。
ザックレー
即答だな
カグラ
理由は2つあります。まず今の私に財産はそんなにありません。もうひとつはそんな甘ったれ野郎にくれてやる金は無い。ということです。
ザックレー
まぁ確かにそうだな
エルヴィン
総統,なぜ彼は今になってこのようなことを
ザックレー
彼の家は今借金まみれだそうだ。だから金が必要なんだろう
エルヴィン
なるほど
リヴァイ
脳みそ腐ってんじゃねぇのかそいつ
カグラ
私も1度しかあったことがないですけど…子は親に似ると言いますね
ザックレー
王都にいるが直接話すか?
カグラ
はい。お願いします。
ザックレー
呼びに行かせよう。祭りに言っているはずだ
少しここで待っていてくれ。
エルヴィン
分かりました。
リヴァイ
( -ㅂ-)ハァ…何か面倒なことになってんだな
カグラ
すみません巻き込んでしまって…
エルヴィン
いや、構わないさ。あの男にはいくつか借りがあるからな。しっかり返さないと
リヴァイ
確かにな
カグラ
ありがとうございます
それからしばらくきて総統があいつを連れて戻ってきた…
続く
作者
作者
すみません。今回は少し長くなりました。次回もお楽しみ🎵