無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

壁外調査
リヴァイ班に入ってから1ヶ月がたとうとしていた。

そして、明日私を待ち受けているのは…
ハンジ
リーヴァーイー!明日は壁外調査だよー!
ハンジ
今度はどんな子に会えるのかなぁ?楽しみだね!
リヴァイ
チッ、うるさいのがきやがった。
カグラ
そう言えば明日壁外調査でしたね。
リヴァイ
あぁ。
エルヴィン
おぉ、リヴァイ丁度いい所に。カグラも居たか。
探す手間が省けたな。
カグラ
お疲れ様ですエルヴィン団長。
リヴァイ
どうしたエルヴィン。
エルヴィン
いや明日の壁外調査の最終確認をと、思ってな。
カグラ
何か変わったところでもあるんですか?
エルヴィン
少しな。詳しく話したいから後で団長室に来てくれ。
リヴァイ
了解だ。
カグラ
分かりました。
エルヴィン
では、また後で。
ハンジ
え?私は?
ハンジ
ちょっとー置いていかないでよ〜ヽ(;▽;)ノ
変わったところってなんだろう…なんだか胸騒ぎがする…気のせいだといいな…


〜団長室にて〜
エルヴィン
二人ともよく来てくれた。
リヴァイ
さっさと変更点だけ言え。こちとら仕事残ってんだ。
カグラ
エルヴィン
すまないな忙しい時に。
エルヴィン
…当初はリヴァイ班が中列後方辺りにいる予定だったが、今回は中列後方ではなく最前列に移動してもらう。
リヴァイ
…は?
エルヴィン
危険なのは重々承知だか頼まれてくれるか?
リヴァイ
なぜ最前列なんだ?理由はあるのか?
リヴァイ
そもそも今回の壁外調査の目的事態俺は把握出来ていないんだか?
エルヴィン
珍しいこともあるんだな。お前が把握出来ていないんなんて…
リヴァイ
…で?理由はなんだ。
エルヴィン
まず1つは君だリヴァイ。
リヴァイ
エルヴィン
巨人を発見した後すぐに対処できるようにだ。
リヴァイ
…まだ理由が残っているようだが?
エルヴィン
もうひとつは…君だカグラ。
カグラ
…え?…私…ですか?
エルヴィン
あぁそうだ。君は今回初めての壁外調査だが実績はリヴァイに追いつくほどだ。どうだろう?この機会に実戦で試してみないか?
リヴァイ
おいエルヴィン、それは余りにも危険じゃないのか?
カグラ
うん ━━━( ̄^ ̄)━━━
カグラ
分かりました。リヴァイ兵長、私は構いませんよ?
リヴァイ
おい!
カグラ
大丈夫です。自分の身は自分で守ります☺︎︎
リヴァイ
エルヴィン
決まりだな。リヴァイ頼んだぞ。
リヴァイ
…了解した。
明日班員に変更点を伝えておこう。
エルヴィン
頼んだぞ。
エルヴィン団長の考えていることはよく分からないけど明日の壁外調査は精一杯頑張ろう。
次の日
エルヴィン
これより!第32回壁外調査を開始する!前進せよ!
兵士
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
これから壁外調査が始まる。勝負はこれからだ。
リヴァイ
続く
作者
作者
久々の投稿ですみませんカグラの初めての壁外調査ということでしたが、なんだかリヴァイ兵長が考え事をしている様子です。次回はリヴァイ中心に行きます。次回もよろしくお願いします!少し間違えたので訂正しました(ーー;)