無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

学習会の朝。
朝。



登校。


今まではコースの違う子と一緒に学校に行ってたんだけど、学習会という私のコースだけ授業がある期間は私一人での登校。





寂しい。
あゆ先輩
あゆ先輩
あ、やっぱりあなただ!
あなた

.......!?!!

あゆ先輩
あゆ先輩
良かった笑笑違う人じゃなくて
あなた

ビックリした笑笑

あゆ先輩
あゆ先輩
このキーホルダー目立つね笑笑
すぐ分かったよ
あっ、そうか。わかりやすい.......か。






約30cmのピカチュウの尻尾。
あゆ先輩
あゆ先輩
昨日もいたでしょこの時間笑笑
あなた

あっ、まあ

あゆ先輩
あゆ先輩
無視したよね?
あなた

.......隣にいた方が知らない人だったんで。

あゆ先輩
あゆ先輩
あっ、なるほど笑笑
あなた

なんか、私なりの気遣いですよ笑笑(から回りしてると思うが)

あゆ先輩
あゆ先輩
俺もわかるわぁー。人見知りだから笑笑
絶対コミュ障じゃないわ、この人笑笑
あなた

気つかっちゃいますよね笑笑






だらだら喋りながら登校出来るとは.......!




最近2人っきりで帰ることもなかったし、
新鮮だな。



あゆ先輩
あゆ先輩
あっ、そう言えばあの件どうなった?
あなた

一昨日話してたの?

あゆ先輩
あゆ先輩
そそ