無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

こんな日が来るとはまぁ、思ってました。
まーやから聞かされた言葉。
まーや
まーや
これからは水曜日以外は一緒に帰れまーす!
嬉しい半面、悲しいの。


何故かって?




二人きりで帰れなくなるから。



あゆ先輩と。

まーや
まーや
まぁ、明日からだけどね!
定期券の更新に合わせて1駅伸ばせてもらったから駅までは一緒!
それまではまーやだけ定期区域が違ったから学校を出てすぐ違う道に行くことなってた。

やま先輩はまーやの住む地域に水曜日用事があるから一緒に帰ってたってわけ。



だから私も水曜日はあゆ先輩と帰ってた。
けど、そういう事だよね。

2人っきりで帰れない。


水曜日以外は4人で帰って、まーやは一駅分お金払った事や、JR線までやま先輩と帰ってたり。
(私とあゆ先輩はJRの手前の私鉄で2人とバイバイ)
あなた

おぉ!良かったじゃん!

と言うしかなくて。