無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

先輩...好きになっちゃダメですか?
私、
高橋あなたは、

高校生になりました!


華のJK!!\(☆ω☆)/


友達と学校終わりに遊びに行ってー、

タピタピしてー、

休みの日も遊んでー、

文化祭や体育祭もー


って思ってたんです。

けどね?


私が入ったコースが、

勉強特化のコース。

通称『勉強部』と言われてるんよ。

19時まで居残り当たり前。

夏休みなんて無いんじゃない?

って言われてるくらい笑笑





なんでそんなコースに入ったのかと言うと.......。


大学に行くため。

なぜかって?

私の夢のために。

したい仕事があるんだけど、

就職の条件が『四年制大学卒業』とか。

バリバリ過去の学校とか調べられるらしくて.......。

その為にも

できるだけいい大学に行かなくては!!

という事ですね。




だから『恋愛』『青春』を捨てて、


このコースに入ったわけ。




うちのコースは一学年に1クラスだけ。

そりゃ、先生からは依怙贔屓えこひいきがすごいよ。


『将来有望』

『この子らには頑張ってもらわないと』

『このくらいこのコースの子らは出来るよね?』


他のコースの人からも


『うわ、天下の1組じゃん』

『部活出来ないんだっけ?かわいそー』



正直病むよね。

このコースの先輩クラス(2年1組)は、

入学当初20人だったのに、1年経った今は16人。


5分の1が他のコースに移ったり、退学したらしい。

3年生も同じ感じだって。


なんでこんなコースに入ったんだろ.......






あゆ先輩
あゆ先輩
あなたーどこ分からないの?