無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

その夜。
自分
自分
ある子と通話しよーっと!
自分
自分
お兄ちゃん、今からある子と通話するからー
ぽちいぬ
ぽちいぬ
わかったー(-_-)zzz
自分
自分
酔い潰れた?(´・ω・`)
♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫
ある子
ある子
『もしもーし、あなた??』
自分
自分
あ、ある子!やっほー!
ある子
ある子
『ねえ、今日のそあらくん、おかしくなかった?』
自分
自分
おかしい?
ある子
ある子
『うーん、あまり詳しくないからわかんないけど、酔ったフリ?みたいな……。
無理して場を和ませてた感じがするんだよねぇ……。』
自分
自分
そっか……。
昔はそんな子じゃなかった気がする…。
ある子
ある子
『ねえあなた。
そあらくんって、まだ大丈夫?』
自分
自分
え、大丈夫って?
ある子
ある子
『……フラグ、回収されてないかな、って。』
自分
自分
フラグ、回収?
ダッダッダッダッ
ぽちいぬ
ぽちいぬ
あなた、入るよ!!
自分
自分
ぇえお兄ちゃん!?
ある子
ある子
『ぽちくん?どうかしたの?』
ある子
ある子
『っ、もしかして……』
ぽちいぬ
ぽちいぬ
うん、そくんが、コロされたらしい。
自分
自分
そんなことっ…!
ある子
ある子
『そあらくん…。』
自分
自分
ある子、フラグ回収って、こーゆーことか…。
ある子
ある子
『私も予想はしてなかったけど、そあらくんのフラグっていつも回収されるらしいから気になって…。』
自分
自分
……
ぽちいぬ
ぽちいぬ
……
ぽちいぬ
ぽちいぬ
ただね、音源?録音?が見つかったんだけど、
そあら
そあら
【え?大丈夫?顔色悪いよ?】
そあら
そあら
【あ、え、ま、待って、1回落ち着こ?】
そあら
そあら
【う、うあっ!】
そあら
そあら
【______】
自分
自分
(´・ω・`)
ある子
ある子
『(´・ω・`)』
自分
自分
こんなことって…あるんだね、、、。
ある子
ある子
『どうして……』
ぽちいぬ
ぽちいぬ
ごめん、ぽち今からみんなのところ行ってくる。
2人は家にいて!
ある子ちゃん、お兄ちゃんいる?
ある子
ある子
『あー、えっ、と、

おにーちゃーん!』
あーるん。
あーるん。
『なんだ、どうした?』
ぽちいぬ
ぽちいぬ
るんちゃん!
あーるん。
あーるん。
『おー、ぽち。
通話中??』
自分
自分
あ、私とある子が通話してて…
ぽちいぬ
ぽちいぬ
そくんがコロされた!
あーるん。
あーるん。
『は?』
ぽちいぬ
ぽちいぬ
えっとね、あまねこから連絡きた(´・ω・`)
あーるん。
あーるん。
『そっか……。』
ある子
ある子
『お兄ちゃん、なんか知ってるの?』
あーるん。
あーるん。
『いや…そあらが、【今日急いで帰らなきゃ〜】とか言ってたなって。』
ある子
ある子
『そっか…。』
自分
自分
どうすればいいんだろう?
あーるん。
あーるん。
『とりあえず、俺とぽちでみんなの家に行く。
あなたとある子は家にいて。』
ある子
ある子
『わかった!』
自分
自分
気をつけてね、2人とも…。
ぽちいぬ
ぽちいぬ
よし、るんちゃん、今からぽちがそっちに行くよ!
あーるん。
あーるん。
『わかった。じゃあ俺は家の前の公園にいるから。』
ある子
ある子
『1回通話切ろ。落ち着こ。』
自分
自分
うん、そだね。
…またね、ある子。
ある子
ある子
『うん、またね、あなた!』
なんでそあらくんなんだろう。
どうすればいいんだろう。
生き返ってよ……。
自分
自分
あまねくんからLINEがきてる…。
あまね
あまね
「ねぇ、あなた」
あまね
あまね
「そあらの件、聞いた?」
あまね
あまね
「あれなんだけどさ、______」