無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち
初夏のとある日、母親から言われた爆弾発言。
オンマ
オンマ
明日から、友達の子供を預かるわ。
あなた
あなた
え?
びっくりしすぎて、お茶をこぼしてしまった
あなた
あなた
そんなの聞いてないよ!!
オンマ
オンマ
だって今言ったからね。
あなた
あなた
こういうのは、早く言わないとダメだからね!?
オンマ
オンマ
あ、あとあなたの物置部屋片付けといてね。
あなた
あなた
え、物置じゃないから!!
オンマ
オンマ
漫画やら何やら、どうにかしなさいよ。
物置じゃないって言ってるのに!!
あと、あの部屋を1日で片付けられるわけないでしょ!!
あなた
あなた
あぁ、もう!めんどくさいな!!
仕方ないので、渋々、片付けてるけど...
1日で終わるわけないよね。
あなた
あなた
はぁ、どうせ預かるとか3歳4歳くらいの、小さい子だよね?
翌朝
一応、いつもよりは綺麗な部屋着を着た。
、、、、、、ピンポーン。
オンマ
オンマ
あなた、出て〜
あなた
あなた
はーい
ーーーガチャッ
私がドアを開けると、、、、


なんか、凄い可愛い子がいた。
あなた
あなた
えっと、、どちら様ですか?
グク
グク
今日から、ここで暮らすことになった、チョン・ジョングクです。
あなた
あなた
...........



全然3歳4歳くらいの子じゃなかったんだけど!!