無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
133
2021/11/07

第30話

27
〈田中 紫代〉
今日も私は部屋の中に閉じこもってる
ココ最近ずっとそう
兄さんが見つからない事の不安よりも
自分が言った兄さんに対しての言葉、行動
もっと自分が素直になれば良かったのに
なのに...
そんな自分に腹が立って、呆れて...どうしようも無くて
自分自身に「私は最低だ」と言い聞かせて
辛くなって、悲しくなって
もう何もかもが分からなくなって
松村 北斗
紫代ちゃん?
ほっくんらが沢山調べている中
私は何も協力出来てない
やっぱり邪魔なのかも
要らないのかも
田中 紫代
はぁ...
松村 北斗
...紫代ちゃん
松村 北斗
入るよ
[ガチャ]
田中 紫代
...ん
田中 紫代
ほっくんか
松村 北斗
大丈夫?
松村 北斗
部屋真っ暗だけど
田中 紫代
いいの...これが落ち着くから
松村 北斗
...ごめんね
田中 紫代
え?
なんでほっくんが謝るの?
逆に謝るのなて私の方なのに
ほっくん達は悪くないのに
一生懸命調べてくれてるのに
私なんて
立ち直れてなくて
ただ現実から逃げて
閉じこもってるだけ
なのに...
どうして...
田中 紫代
なんで謝るの...?
松村 北斗
紫代ちゃんを笑顔に出来てないから
松村 北斗
早く樹に合わせたいのに
松村 北斗
何も進んでないから
田中 紫代
ほっくん達は悪くない
田中 紫代
私が現実から逃げてるだけなの
田中 紫代
怖いから
田中 紫代
弱いから
松村 北斗
そんな事ない
松村 北斗
そんな事ないから...
松村 北斗
自分をそんな風に言わないで
何故だろう
ほっくんに言われてると
凄く心にくる
その言葉が本当だって事が伝わってくる
ほっくんの前だと本当の自分でいられる気がする
素直になれる気がする
よく分からないこの気持ち
でも...
田中 紫代
(ギュッ
松村 北斗
?!
田中 紫代
ありがとう
ほっくんが居て良かった
そう思える
松村 北斗
...俺も言いたい
田中 紫代
え?
松村 北斗
ありがとう
松村 北斗
紫代ちゃんと出会えて良かった
松村 北斗
樹の事
松村 北斗
俺たちじゃどうしようも出来なくて
松村 北斗
皆もう諦めてて
松村 北斗
でも紫代ちゃんが来てくれた
松村 北斗
本当に嬉しかった
田中 紫代
私もほっくん達に会えて良かった
田中 紫代
自分の素が出せるから
田中 紫代
そんな場所が出来たから
兄さん...
早く会いたい
会って謝らせて
会ってお礼を言わせて
会って...おかえりって言わせて

















________________________________________________
どーもどーも
お久しぶりですね
いやはや..1ヶ月ぶり
時の流れははやi((殴
ハハッすみません
どーも全然話の内容が思いつかず放置していました
この話もですけど
「殺し屋の妹は最強です」


「幼き組織『Silver』」


「強くて可愛いSnowManの紅一点」


もですね
近い内に投稿できるようにしますね