無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

266
2021/08/01

第22話

19
〈田中 紫代〉
私はほっくんの胸の中でひたすら泣いた
松村 北斗
どう?落ち着いた?
田中 紫代
うん...ありがとう
松村 北斗
じゃあ行こっか
田中 紫代
そうだね
松村 北斗
(フラッ
田中 紫代
えっ?!
わたしは慌ててほっくんを支えた
田中 紫代
..っと大丈夫?
松村 北斗
うん..大丈夫だよ
松村 北斗
ちょっと目眩が
田中 紫代
全然大丈夫に見えないよ
どうしちゃぅたんだろう
もしかしてつきっきりで私の面倒見てるから...
貧血?
田中 紫代
ほっくん...
松村 北斗
どうしたの?
田中 紫代
もしかしてさ...
田中 紫代
貧血だったりする?
松村 北斗
えっ?
田中 紫代
それにずっと私の面倒見てるから疲れが溜まっちゃったのかなって...
松村 北斗
そんな事ないよ...
田中 紫代
でも...
田中 紫代
今のほっくんすごい顔色悪いよ
松村 北斗
えっ?...
田中 紫代
えっと...その...
田中 紫代
だから...
田中 紫代
飲む?私の血
松村 北斗
えぇ?
松村 北斗
ダメだよ
田中 紫代
大丈夫
田中 紫代
兄さんにもやられてたんだから
田中 紫代
ほっくんが元気じゃないと嫌なの
松村 北斗
紫代ちゃん...
田中 紫代
ね?
田中 紫代
いいから、ほらっ
松村 北斗
...ッごめん
松村 北斗
(カプッ
田中 紫代
...ッ
チクってくる
松村 北斗
(チューチュー
田中 紫代
んっ...
吸われてる...
変な感じするよぉ
松村 北斗
ぷはぁ
田中 紫代
どう?
松村 北斗
すっげぇ美味しい
田中 紫代
そうなの?
松村 北斗
うん、ありがとう
田中 紫代
ほっくんが元気になったならいいや
自分の血の味なんて分かんないけど
まぁでも
ほっくんが喜んでるし
いいかな
変な気持ち
ドキドキするような...
なんだろう














その時だった



[パリンッ]
田中 紫代
えっ?
松村 北斗
なに?!
???
どうも
松村 北斗
誰だ?!
???
一世
???
ん、
???
鬼術 桃源のイザナミ
[ブアッ]
田中 紫代
ん!
松村 北斗
ゴホッ
なにこれ...
息がしにくいし...
それにだんだん意識が...














でも...
田中 紫代
ほっくん!
松村 北斗
紫代..ちゃんっ
???
貰ってくね
???
(ドンッ
田中 紫代
ゔっ
私はお腹を殴られた
田中 紫代
(バタッ
???
よいしょっと
松村 北斗
紫代ちゃん...
???
じゃね
松村 北斗
紫代っ!
最後に聞こえたほっくんの声...
そこ声を聞いて私は意識を手放した