無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

205
2021/09/05

第27話

24
〈田中 紫代〉
松村 北斗
守れなくてごめん...
田中 紫代
大丈夫...だよ
松村 北斗
ほら、休んでて
田中 紫代
うん...ありがとう
ほっくん達が来てくれて凄く嬉しかった
ほっくんに支えられて安心したのか
私は意識を失った














次に目を覚ましたのは
田中 紫代
んん...
松村 北斗
紫代ちゃん?
田中 紫代
ほっくん...?
ほっくんの膝の上...
田中 紫代
うぇっ?!
田中 紫代
なんで?!
京本 大我
良かった起きたね
藤井 直樹
ん...
金指 一世
...うぅ
岩崎 大昇
うぅ〜
浮所 飛貴
んん
那須 雄登
んぅ〜
佐藤 龍我
ん〜
深澤 辰哉
こっちも気がついたっぽいよ
藤井 直樹
...あれ...俺たち
岩崎 大昇
んぁ?
金指 一世
ここ...何処?
浮所 飛貴
ん?なんでこんな所に?
那須 雄登
いてて...
佐藤 龍我
何してたんだっけ...
阿部 亮平
まじか...
藤井 直樹
SnowMan?
岩崎 大昇
それにSixTONESも
岩本 照
覚えてないのか?
金指 一世
何がですか?
宮舘 涼太
参ったな...
浮所 飛貴
俺たち...何やってたんですか?
那須 雄登
もしかして皆さん巻き込んだ様な事を...
佐藤 龍我
大丈夫ですか?
ラウール
俺たちは何もないから
目黒 蓮
本当に何も覚えてないの?
浮所 飛貴
はい...
佐久間 大介
これじゃ聞き出せないね
田中 紫代
あの...
松村 北斗
紫代ちゃん...まだ動いちゃ
田中 紫代
大丈夫...
田中 紫代
何か覚えてる事無いんですか?
田中 紫代
こんな状況になる前の事とか
田中 紫代
ほんの少しの事でもいいので
もしかしたら兄さんがこの事に巻き込まれてるかもしれない
なら...少しでも情報が欲しい
岩崎 大昇
覚えてる事...
藤井 直樹
俺たちはいつも通り過ごしてただけなんだけどな...
金指 一世
...あっ
金指 一世
誰かが玄関から入って来た
向井 康二
その誰かはどんな奴やった?
金指 一世
男っぽい声で...
那須 雄登
確かに来たよね
佐藤 龍我
それで黒いマントを被ってた
浮所 飛貴
それと...あと一人後ろにいた気が
岩崎 大昇
あぁ確かに
田中 紫代
もう1人...
藤井 直樹
そしたら急に体が動かなくなって
金指 一世
そっから覚えてないんだよね
那須 雄登
...意識を失う前にもう1人の人が言ってた気がする
森本 慎太郎
なんて言ってたの?
那須 雄登
「ヴァルア様の仰せのままに」って
髙地 優吾
ヴァルア?
ジェシー
そのヴァルアって奴が今回の犯人だね
渡辺 翔太
何とかしてソイツの居場所を探らないとな
京本 大我
ありがとう
佐藤 龍我
いえ...
田中 紫代
...これから気おつけてね
浮所 飛貴
ありがとうございます
深澤 辰哉
帰ってからまた話し合おうか
阿部 亮平
そうだね
松村 北斗
紫代ちゃんは少し休もう
田中 紫代
大丈夫...だよ
松村 北斗
そんな事言ってても体は正直なんだよ
田中 紫代
だから...(フラッ
松村 北斗
...と、だから言ってるでしょ
田中 紫代
ごめん...
松村 北斗
樹の事...心配なのは分かってるけど
松村 北斗
まずは休まないとね
田中 紫代
うん...
宮舘 涼太
じゃぁ帰ろうか
兄さん...
待ってて...
絶対に...必ず...
助けるから
だから...それまで待ってて
負けないでよ...