無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ご近所さん
引越しが終わり、新しい家についた、昨日は忙しかったからゆっくりしよーっと思った
すると...
お母さん
あなた!ご近所さんにこれ持って行って挨拶してきて!
あなた

えーー、今からゆっくりしようと思ったのに!

お母さん
もーいいから持って行って!
あなた

はいはい。

インターホンを押した。
ピーンポーンピーンポーン。
??
はーい?
あなた

あ、となりに引越ししてきました!
これからよろしくお願いします!

??
あ、はい。
あなた

あ、これどうぞ!

??
ありがとうございます!
??
何歳なの?
あなた

あ、17です!

裕太の母
あ、裕太とおんなじね!
これからうちの裕太をよろしくね!
あなた

はい!!

裕太かー男の子かな?女の子かな?名前的に男の子よね!笑笑
新しい学校どうなるんかなー?
ドキドキするなー