無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

隣の裕太Ver.2
あなた

心((あーーさくらと帰るの楽しかったなーいろんなはなしできたし!!))

ってゆいながら家の前に着いた。
裕太
あなた?お前俺の家の隣なの?
あなた

うん!そーだよ!

裕太
席も隣で家も隣とか…
あなた

ん?

裕太
いや、なんでもない。
あなた

あっそー

~家~
お母さん
おかえり〜
??
おかえり~
あなた

ただいま~

あなた

あ、裕太のおかあさん!びっくりした笑

裕太の母
あら、驚かせてごめんね笑
あなた

なんでいるの?

お母さん
あ、あなたに話してなかったわね笑
お母さん
お母さんとね、裕太くんのお母さんはね、幼なじみなの笑笑
幼稚園からずっと一緒なのよ笑
裕太の母
いやほど付き合ってきたもんね笑
あなた

そーだったの!?

お母さん
うん!笑あ、でもあなたたちもだよ?
覚えてないだろーけど裕太くんと赤ちゃんの時からだよ?でも幼稚園のとき、引っ越してどっかいっちゃったけど!
あなた

へぇーそうだったんだー!

裕太の母
あ、もうそろそろ帰らないと笑あなたちゃんが帰ってきてるってことは、裕太も帰ってきてるもんね笑
お母さん
うん!そうだね笑
また喋ろうね笑
お母さん
バイバイ〜
あなた

バイバイ~

自分の部屋
あなた

心(昔そんなことがあったんだー全然覚えてないなーー