無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第23話

人形の糸
中島 敦
中島 敦
そういえば、あなたさんの異能力ってなんなんです?
ある日の探偵社。


ふと、敦くんがそう言った。
国木田 独歩
国木田 独歩
そういえば、使っているところを見たことがないな
国木田君も、そういえば、と言いたげな目でこちらを見てくる。
中島 敦
中島 敦
えっ、ないんですか!?
太宰 治
太宰 治
まぁ便利ではあるけど、その分負担が大きいからね
You
You
うん

───心に絡まった糸を、
少しずつ解いていって、



いつかは色んな表情を見せるようになってくれたら、って。

だから、糸を出来るだけ増やさないように。
その為に、傍に。

なんて理由をつけて、
今日もあなたを傍に置いている。
You
You
・・・?
そんな醜い私の気持ちを君に伝える時がいつ来るのか、なんて分からないけれど。



今はまだ、伝えないでおこう。