無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

暗黒。そして未来へ
太宰 治(少年)
太宰 治(少年)
おお...凄いねぇ、君
在れから僅か数分。

二人の目の前には、大量の屍が転がっていた。

殺ったのは、少年ではなく。

其の屍を詰まらなそうに見下している、無表情な少女だった───
其れから数年後───
少年───太宰治の友であった織田作之助が...死んだ。

少女───あなたも其処に居た。

二人は、とある所に向かった。


織田が最期に残した、


"人を救う側になれ"


という言葉に従う為に───