無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,036
2019/11/20

第39話

番外編 〃 (3)
ピーンポーン♪


静かな部屋に音が響く。


それでも熟睡のお二人。
私は、横髪を耳に掛けて、玄関に向かう。
青紫 (you)
わざわざすみません、お疲れ様です。
高尾 和成
あなた~!!!
青紫 (you)
おっと、
会って直ぐ様、抱き締められる。
青紫 (you)
うん、お疲れ様。
青峰 大輝
おい、イチャイチャすんな、
家入らせろ。
後ろから、青峰さんと火神さん、緑間さん。


そして、ひょこっと黒子さんが会釈する。
青紫 (you)
だそうです。
高尾 和成
ちぇ~
緑間 真太郎
わざわざ俺まで連れてきておいて…
黒子 テツヤ
え、
緑間くんはお味噌汁が飲みたいと…
緑間 真太郎
うっ、黙れ黒子!
火神 大我
てか、良い匂いすんな、
朝ごはん作ったのか?
青紫 (you)
はい、お二人は寝てるので、もう少し待って、朝ごはん食べますか?
すると、五人は目を合わせて、
全員
いただきます。
と、
青紫 (you)
分かりました。(笑)
皆さんをリビングに案内して、
朝ごはんを用意する。
青紫 (you)
あっ!
黒子 テツヤ
どうかしました?
青紫 (you)
高尾くんのケーキ!
お誕生日おめでとう!皆で頂きます?
火神 大我
いいのか!?
高尾 和成
火神?俺の誕生日な?
黒子 テツヤ
おめでとう、高尾くん。
緑間 真太郎
俺はバッシュをあげたのだよ。
青峰 大輝
あぁ、俺も上着、さつきとあげたな。
黒子 テツヤ
僕も、タオルを。
火神 大我
俺はキャップ!
青紫 (you)
そうですね、私も何かプレゼントしないといけないのですが、
青紫 (you)
中々分からず、
今度一緒に出掛けてくれるかな。
高尾 和成
俺、欲しいもの、言っても良い?
青紫 (you)
何?
高尾 和成
あなた。
青紫 (you)
…え?
唐突な事過ぎて、言葉が理解出来ずにいた。
黒子 テツヤ
え。
緑間 真太郎
は?
高尾 和成
あなた、俺、言おうか迷ってた。
高尾 和成
俺と、結婚してください。
私の目の前で、指輪を差し出す高尾くん。


真面目な顔をしたと思ったら、


『へへ…似合わないかな…』


と、笑う高尾くん。
青紫 (you)
高尾くん、私なんかで良ければ。
高尾 和成
…!!!マジで!?
と、飛び上がって立ち上がる。
青峰 大輝
な、なんかすげぇ瞬間見ちまったな。
さつきが見たそうなのに熟睡してやがる。
火神 大我
あ、あぁ、カントクもだ…
緑間 真太郎
プレゼントの次は祝儀か。
黒子 テツヤ
少し悔しいですね。
青紫 (you)
??どういうことですか?
黒子 テツヤ
あ、僕あなたさんのこと好きだったので。
高尾 和成
ちょっ!テッちゃん!?
黒子 テツヤ
良いじゃないですか、結婚するんですし。
緑間 真太郎
良くないのだよ!!
タイミング考えろ!!
青峰 大輝
やめろさつき起きる!!
桃井 さつき
んぅ~??
青峰 大輝
シッ!!
と、静かになって、また寝てしまうさつきさん。
青紫 (you)
言ってくださいよ、黒子さん。
黒子 テツヤ
すみません、
でも、ご結婚おめでとうございます。
と、言った瞬間、誰かのお腹が鳴った。
私ではないと、首を振る。


明らかに顔が赤いのは…
高尾 和成
ちょ、真ちゃんwww
腹減ってんなら言ってwww
緑間 真太郎
う、うるさい高尾!!
青紫 (you)
ふふ、それじゃあ、
朝ごはんにしましょうか。



ということで、彼の誕生日を祝いました。


結婚式はまた別のお話。




高尾!HAPPYbirthday!!!
高尾 和成
へへっ!見てくれてありがとなっ!