無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,000
2019/11/20

第37話

番外編 ─高尾の誕生日─
…の前に!


皆さんホントにお久しぶりです(笑)
一度は完結したものですが、


今日は、あの、高尾くんの!!


誕生日ですねハイ拍手!!


と、いうことで。


あなたさんと、高尾くんの、


大人になってからの誕生日ですね!


勿論お付き合いしてますよ?


ぜひ見てくれたら嬉しいです♪


あ、閲覧数、15000越えましたね…!


ありがとうございます!


今回は、その感謝と、高尾くんへの祝いを込めて


作りましたので、どうぞよろしくお願いします!









今日は、彼の、誕生日。
なんだけど……
私はテレビを点けて、ニュースを見る。
『さて!昨日から始まっております!』


『男子バスケットボール世界戦…アメリカ!』
彼は今、アメリカ。


彼は忙しいので、メッセージを送ると、
青紫 (you)
お誕生日おめでとう
帰ったらパーティだね。
高尾 和成
そうだ!!ありがとう!
当日に居なくてごめんな!
青紫 (you)
気にしないで、私も現地まで行けなくてごめん、皆にも伝えて。
応援してる。
高尾 和成
おう!!絶対勝つから見とけ!
今日は、準決勝で、中国と当たることに。
あの強豪と当たると言うから、日本も中国も、


日本が勝つなんて考えもしていない。


だけど、現地のお兄ちゃんは、
虹村 修造
あぁ、絶対勝つから大丈夫だ。
と。
何を言っていると、笑っている人もいたけど、


私はそれを信じている。


今の日本代表は違う、今まで敵だった人達が、


味方になった。これだけ心強いことは無い。
でも、誕生日をお祝い出来ないのは残念だ。
誕生日の少し前までは、家に居て、


普通の生活をしていたのだが。
青紫 (you)
……はぁ……。
思わずため息も漏れてしまう。
また、前みたいに帰ってきてくれないかな…


自分勝手だけど、隣に居て欲しかった…な。
すると、
ピーンポーン♪
嘘。また帰ってきたと言うのか?
そんなわけあるの?
少し急ぎ気味にドアを開けると、
桃井 さつき
あなたちゃぁぁぁんっ!!
青紫 (you)
ぐふぉっ、
相田 リコ
あぁぁ…大丈夫?あなたちゃん…
ドアを開けた瞬間、さつきさんが飛んできた。
青紫 (you)
だ、大丈夫です。あれ、何故お二人はここに?バスケを見に行ったのでは?
相田 リコ
私は、周りに行ける人いなくて、
まぁ…お金も無いし、いいかなと。
桃井 さつき
私も皆に会いたかったんですけど…
チケットとれなくて…
青紫 (you)
青峰さんに頼んだら取ってきそうですけどね(笑)
桃井 さつき
流石に頼めない…(笑)
青紫 (you)
えっと、お二人はどうして?
相田 リコ
今日高尾くん誕生日でしょ?
居ないのに、一人だろうって、
だから…
桃井 さつき
女子会、しましょ!!
こうして、女子会と言う名の、


愚痴、飲み会となってしまった。


いつも話せないから、お酒が入ると、


もう、二人とも凄いことが出てくる。
中国との準決勝は、緑間さんがブザービーターで、


スリーを入れて、勝ちました。
私の彼氏もナイスアシストしてましたよ。(笑)
カッコ良かったです。画面越しですが。