無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,693
2019/05/25

第31話

28話
まぁ、試合は…
日が暮れるまで沢山やった。
私も久しぶりにヘトヘトだ。
お兄ちゃんは強いし、みんな何より笑ってた。
青峰さんや赤司さん。紫原さんも。
人一倍パスを沢山していた高尾くんと、
相変わらず素晴らしいスリーの緑間さん。
黒子さんと火神さんの連携はいつ見ても凄い。
黄瀬さんの完全無欠の模倣パーフェクトコピーも凄かったし。
てか青峰さんと火神さんの対決なんて
ゾーンに入りかけてたし。
すごく








すごく






楽しかった────────












黄瀬 涼太
っは~疲れたッスね~
黒子 テツヤ
もう何試合したか分かりません。
桃井 さつき
ほんとほんと!みんな凄かった!
火神 大我
チッ…青峰…ぜってぇ勝つ…
青峰 大輝
ハッ、負けねぇし。
俺に勝てるのは俺だけだ。
紫原 敦
峰ちん何言ってんの~
青ちん達に負けてたじゃ~ん。
青峰 大輝
ぅぐっ……
虹村 修造
いやぁ、ここまでとは(笑)
てかあなたはもうお前女バス入れよ(笑)
青紫 (you)
面倒臭いから、マネで十分。
緑間 真太郎
虹村さんもほとんど負け無しなのだよ。
高尾 和成
マジチートだったわ(笑)(笑)
氷室 辰也
おや、もうこんな時間か、
紫原 敦
え~室ちん、何時~?
氷室 辰也
もう6時に近いよ。
紫原 敦
どうりでお腹空いた訳だ~
火神 大我
俺も腹へった…
虹村 修造
この辺にうめぇ飯屋ねぇの?
黒子 テツヤ
あ、お好み焼き屋ならありますよ。
青峰 大輝
うし、行こーぜ?
桃井 さつき
あ、もう!
ボールとか片付けないと!
青紫 (you)
私がやっておきますから桃井さんは先行っててください、
桃井 さつき
えっ!?いいよ!悪いし、一人じゃ…
青紫 (you)
お手伝いを頼みますから。
桃井さんなら分かると思います。
桃井 さつき
??
青紫 (you)
高尾くん、荷物片づけるの手伝ってもらっていいですか?
高尾 和成
ん?良いよ!
桃井 さつき
( ゚д゚)ハッ!!(察し)
青紫 (you)
じゃあ、席取っておいてください。
桃井 さつき
うん♪任せて!!
青峰 大輝
おい、青紫いかねーの?
緑間 真太郎
高尾もなのだよ?
桃井 さつき
お二人は片付けしといてくれるの♪
黄瀬 涼太
そうッスよ~!席取っておいてあげましょー!(察した)
虹村 修造
ん?…じゃあ俺も…
(察した上で邪魔する)
赤司 征十郎
虹村先輩、あそこ美味しい炒飯ありますよ?ぜひ食べませんか?✨
桃井 さつき
(ナイス!!)
黄瀬 涼太
(流石ッス赤司っち…!!)
虹村 修造
マジか!?うし!お前ら行くぞ!!
黒子 テツヤ
そうですね。火神くん、緑間くん、また喧嘩しないでくださいね。
火神 大我
俺は何もしてねぇし!!?
緑間 真太郎
ふん、俺は正論を述べているだけなのだよ!
黄瀬 涼太
まぁまぁ!着いたッスから!
ガラガラ
青峰 大輝
おっちゃーん。
結構人いっから勝手に机繋げんぞ。
店員
へっ、勝手にしな!
今日は一段と人が多いなぁ!
火神 大我
誕生日のヤツがいるんだ!
店員
おうっと、どいつだ?
黄瀬 涼太
今はいないんスけど後できます!
店員
そりゃサプライズしてやんねぇとな!
うちの奥さんに何か作ってもらうか!
赤司 征十郎
それは喜びます。
店員
うし!ほら座ってろ!