無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

高所恐怖症
伊黒さんは木の上でまったりしてます。
あなた
あなた
伊黒さん!
小芭内
小芭内
はぁー……
またお前か。
あなた
あなた
何。そのため息。
小芭内
小芭内
また騒がしくなるネチィ
あなた
あなた
いいじゃないですか!
私も木に登ってまったりしてみたかったんですー!
小芭内
小芭内
(駄々をこねる幼児のようだ。)
30分後
小芭内
小芭内
そろそろ降りるか。
小芭内
小芭内
ヒョイ
あなた
あなた
(((( '-' ))))
小芭内
小芭内
早く降りてこい。
あなた
あなた
い、伊黒さん……
私、高所恐怖症なんです!
小芭内
小芭内
……。
そうか。そこにずっと居ればいい。
騒がしくなくなる。ネチネチ
あなた
あなた
伊黒さぁぁぁぁん(泣)
置いて行かないでくださいよぉ!
小芭内
小芭内
まったく……(やっぱりうるさい。)
小芭内
小芭内
そこから飛び降りろ。
あなた
あなた
無理です。無理です。
小芭内
小芭内
早くしろ!
本当においてくぞ!
あなた
あなた
:( ;´꒳`;):
いきます……
あなたは木から飛び降りた。
あなた
あなた
(私、死なない!?)
あなた
あなた
ギャァァァ!
フワッ(横抱きぃぃぃぃぃ!)
小芭内
小芭内
お前はいつも騒がしい。
世話も焼く。
ちょっとは静かに出来ないのか?
あなた
あなた
伊黒さん……
あなた
あなた
ありがとうございますぅ!(泣)
小芭内
小芭内
はぁー。
お前は話を聞かないな。
あなた
あなた
死んじゃうかと思いましたε-(´∀`;)ホッ
小芭内
小芭内
てか、お前。
高所恐怖症なら、どうやって高い場所で戦うんだ。ネチネチ
あなた
あなた
ー( '-' )ー>グサ
小芭内
小芭内
柱としてどうなんだ?ネチィ
あなた
あなた
ー( '-' )ー>グサグサ
さっきまで優しかったのに、相変わらずのネチネチ説教がまた始まった。
























大正コソコソ噂話~
作者は小さい時に階段から転げ落ちて、高所恐怖症になったらしいぞ!
作者
作者
今は小さなジャングルジムでも怖いです( ´ᐞ` )
閲覧ありがとうございます‪(*ˊᵕˋ* )