無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

すんっ
今日も伊黒さんのお説教
正直に言うと、とても面倒臭いです。
何かずーーっとネチネチ言ってます。
小芭内
小芭内
お前は鬼狩りの最中でも、どうでもいい事を考えているから、すぐ隙ができ怪我をするんだ。その癖直したらどうだ?そしてお前は……ネチネチネチネチネチネチネチネチ
あなた
あなた
(あ~。眠い。)
あなた
あなた
(  -    -   *)ウトウト
小芭内
小芭内
起きろ!説教をしているにも関わらずお前は……ネチネチ
あなた
あなた
(  ' -' )ボー
小芭内
小芭内
うんとかすんとか言え。
あなた
あなた
すんっ(  '-'   )
小芭内
小芭内
ピキピキ
あなた……いい加減にしろ!
小芭内
小芭内
チャキ
あなた
あなた
うわぁ~。伊黒さんが怒ったぞ~。殺されるぞ~(棒)
あなた
あなた
逃げないと~!
小芭内
小芭内
待て!ダッ
あなた
あなた
ダッ(  ˙-˙  )
……
天元
天元
何やってんだあいつら。伊黒はあなたを本気で斬ろうとしてるし。
蜜璃
蜜璃
新しい鬼ごっこじゃないかしら♡
しのぶ
しのぶ
だとしたら物騒過ぎます。
無一郎
無一郎
僕も混ぜてほしいな。
義勇
義勇
やめとけ。
逃げ足は世界一級に速いあなたちゃんでした。















閲覧ありがとうございます‪(*ˊᵕˋ* )