無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

ウトウト
あなたは今ウトウト状態です。
天元
天元
(来い!)
無一郎
無一郎
(来て!)
なぜこんな必死かというと、よくあるじゃないですか。あのー。なんか。ウトウトしてたら人の肩にもたれてたみたいなあれですよ。あれ。あれをしたいそうです。(語彙力皆無)
あなた
あなた
(  -    -   *)ウトウト
並び……天元  あなた  無一郎
あなた
あなた
ポテッ
天元の肩に寄りかかった。
無一郎
無一郎
(  ・᷄-・᷅ )ムッ
無一郎
無一郎
身長でかすぎてあなたに合ってないよ。
首痛めちゃうよ。コソッ
天元
天元
コイツ腕に寄りかかってるから関係ねぇだろコソッ
無一郎
無一郎
ツンツン
あなた
あなた
んー……ムニャムニャ
あなたが元の位置に戻った!
天元
天元
 (無一郎……)ゴゴゴゴゴ
無一郎
無一郎
(  ˙-˙  )
あなた
あなた
(  -    -   *)ウトウト
あなた
あなた
ポテッ
次は無一郎に!
無一郎
無一郎
(やった~。幸せ。)
無一郎
無一郎
✿゚❀.(*´▽`*)❀.゚✿
天元
天元
(どんだけ幸せそうな顔してんだ。)
私もむいくんと天元様に挟まれたい。
























閲覧ありがとうございます‪(*ˊᵕˋ* )