無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

おばけ
現在時刻3時
トイレ行こうとしてるんですが、恐怖で布団から出れません。
あなた
あなた
(3時って真夜中じゃん。1番おばけ出てきそうな時間だよ……)
実は今日しのぶさんの怪談話聞いちゃったんです。
それで今に至ってます。
あなた
あなた
(いや、私は鬼殺隊。しかも柱だよ?おばけごときで怖がってたらめっちゃ恥ずいよ?)
あなた
あなた
(おばけなんているわけない。勇気を振り絞って行こう!)
廊下
ギシッ……ギシッ……
あなた
あなた
(この廊下うっさいんだけど!?怖くなるじゃん……)
あなた
あなた
((((  '-'   ))))カタカタ
トテ……トテ……
あなた
あなた
(後ろから足音聞こえるんですけど~)
あなた
あなた
(1番最悪のパティーンやん。死ぬよ?)
トントン
あなた
あなた
ぎぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙やぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙!
あなた
あなた
肩触られだぁ゙ぁ゙!触んなしぃ゙!おばけでだぁ゙ぁ゙!
天元
天元
プッ……
ギャハハハハハハ!
天元
天元
派手に驚いてんじゃねぇよ……ブフッ
ガーハッハッハッハッ!
笑い止まんねぇ……クスクス
あなた
あなた
……。
あなた
あなた
ポロポロ
天元
天元
何泣いてんだ?
(やべぇ、少しやり過ぎたか?)
あなた
あなた
怖かった……
あなた
あなた
本物かと思ったんだよ!
驚かせんな!グスッ
天元
天元
プッ……
餓鬼かよ(少しは可愛げあんじゃん)
あなた
あなた
は?何言ってんの?
あんたと違ってまだ純粋な餓鬼なんだけど(真顔)
天元
天元
やっぱ、お前可愛くねぇ
次の日、天元に昨日の出来事を柱達の目の前で話され、恥ずかしい思いをしたあなたちゃんでした。































閲覧ありがとうございます‪(*ˊᵕˋ* )